FC2ブログ
2018年 06月 22日
本日放送は「テレビ局をはじめたよ」「人の身になるタチバガン」でした。

「テレビ局~」は、テレビののど自慢に出演したスネ夫に羨望し、自らもテレビに出たいのび太達が“ミニテレビ局”でテレビ番組を放送するお話。
ミニテレビ局と言いながら、ご近所から日本全国まで放送可能とのことで、何なら県内にしか放送できない通常のテレビ局よりも圧倒的に強いです。
自分たちで手作りのテレビ番組を作ってしまうというのが面白いと同時に、スポンサー企業との関係なども描いてテレビビジネスがどう成立しているのか勉強になるお話でもあります。初見時は幼かったのでスポンサーの概念がよく理解できなかったなぁ。
しかしこのお話、今見るとどう見てもYoutuberなんですよね。そんなコト出来るかいなと思っていた話が出来るようになってしまう。現実社会が原作に追いついたという感慨深いです。

「人の身になる~」は、相手と自分の立場を入れ替える“タチバガン”の一編。
自分に不利益が被られる際、近場に居る人間と立場を交換してしまう事で回避することが出来る。これを使用してジャイアンやスネ夫への復讐を試みるのび太。何せ射的が上手い分、やたら的確に使いこなしてしまう。
相手の身になって考えてみる、というのはずっと書いている通りF作品において頻繁に登場するテーマで、これはそのテーマをまんま具現化したようなアイテムでありつつ、話自体はテーマを悪用している(嫌な事を押し付ける)内容に捻られている。
ついこの前、親を交換してみるお話が放送されていましたが、同じテーマ性でありつつその描かれ方はかなり違ったモノに仕上がっている。
イイも悪いもリモコン次第じゃい。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :