2018年 06月 10日

通りすがり(がかり)…

ルールーの記憶に残っていない…

存在しない歴史(ロスジェネ)…

やはりそうか…



■暴れたい

ファッションショーのモデルをするコトとなったアンリ君から、同じくモデルをしてくれないかとお誘いを受けるルールーさんと愛崎えみる。
パリまですってんころりんしてしまう危惧を抱えつつ、その誘いを引き受ける事に。

不安が増長しやすい愛崎さんをルールーは応援するという。愛崎さんと一緒だからルールーさんも新しい事にチャレンジしてみようと思えた。
かたや愛崎さんの方は、ルールーならモデルも卒なくこなせるだろうと信じている。
互いに相手の事は信じているが、自分の事は信じられていない。

ショーのテーマは「女の子だってヒーローになれる」。
「女子だって暴れたい」は「ふたりはプリキュア」の企画書ですが、まさかそれをファッションショーにしようなどとは…具体的にどうやるのか大変気になります。

いざ当日、ステージに上がらんとする愛崎さんの元へあのお兄さんがやって来て、「女の子はヒーローにはなれない」と言い放つ。
その言葉に再び「怒る!」ルールーさんですが、ルールーさん自身もまた「アンドロイドはプリキュアになれない」と思っているので、お兄さんのその言葉を否定できるだけの理屈を提示出来ない。
愛崎お兄さんの言った言葉はルールーさんの言葉でもあるから。

かたや素直に怒るのは野乃さん。
誰の心にもヒーローに憧れ、そうなりたいと願う心はある。「誰かの心を縛るな」と。
そう、「心の中の宇宙は誰からも自由」なのです。

「女みたいな恰好をして」と笑われても意に介さず、自分のなりたい姿になってみせる若宮アンリ。自分の心に制約をかけるのは人生の無駄だとすら言ってのける。強い…。

若宮アンリという人は、「誰かの為」ではなく、いつも「自分の為」に行動するキャラクター。自己愛、自己本位でもあるけど、それだけに自分の心を一番大切にしている人でもある。
初登場時はそれこそ野乃さん視点では「敵」役のポジションでもあったけれど、今回は圧倒的に力強い「味方」として描かれている。
面白いなーと思うのは、彼自身の心理は初登場時も今回も「自分が第一」であって、そこは殆ど変化していないのに、まるで敵から味方になったように映るというコト。

自分だけ煽られている時は言い返していないのに愛崎さんが居る時には言い返していたり、崩れる瓦礫から愛崎さんとルールーさんを守ったり、「誰かの為」の行動を見せているので、彼もまた野乃さんからの影響による変化はあるのかもしれない。
けれど、彼の本質的なテーマである「自分が一番大事」という部分は揺るいでいない。
内心ではなく、ちょとした立ち位置の変化だけで、ここまで力強い味方になり得るのかと思えて大変面白い。

誰に何を言われても自分を愛せよと若宮アンリ。
自分の事を信じられていなかったルールーと愛崎えみるに必要なモノ、それが自分を愛する心。
それによって、ようやっとなりたい自分の姿を信じられるようになる。
作中登場するキャラクターの中で自分を愛せよと率直に言えるのは若宮アンリしかいないんですよね。プリキュア氏3人はなんやかんや自分に自信が無いドラマを抱えているし。
若宮アンリも愛崎えみるも、えらく重要なポジションになっているのですね。そして一条蘭世さんの活躍は果たして今後あるのか否か…?

今回のお話、初代「ふたりはプリキュア」のコンセプトを、より直接的に描いてやろうという気持ちが溢れています。
愛崎さんのお兄さんが、いかに作中悪とは言え、あまりに直球に時代錯誤な感覚である風に思えたのも、この話の為だったのか! と納得が活きました。
「女の子だって暴れたい」「心の中の宇宙は自由」といった15年前から続くコンセプトを、「ダメと言うばかりでもダメ」なのだと今作の育児ネタと絡めつつ、新たな「ふたりはプリキュア」の誕生に合わせて、改めて提示して見せている。
その為、愛崎お兄さんというキャラクターは「アンチプリキュア」を体現したようなキャラクターになっていたってなワケですね。
要するに鳴滝のおっさんみたいなもんですね(ぇ)。

そのアンチの気持ちもハグするのはプリキュアらしいところ。
ディケイドはまだ鳴滝とハグ出来てないからな…。

「ふたりはプリキュア」の企画書を物語化したような…というか、ややメタ的にプリキュアシリーズの存在を描いたお話ですね(メタ大好きおじさん)。
シリーズ15周年だし、あえて立ち返って「ふたりはプリキュア」のテーマ性を描いて見せてくれていたりするのでしょうかね。
だから追加も「ふたりはプリキュア」なのかしら。

しかし、「プリキュアになりたい」と本人が決めて成れるもんなのかな…と思わないでもないですが、今作のテーマ的には「なりたい」と思う事こそがクライマックスなので、「なりたい」と思った人は成れるもんなのかな、そうかそうか。

しかして、プリハートは残り一つしかありません…。

とりあえず…ジャンケンですね…。


■35億

初登場のクライアス社幹部ジェロスさん。
ネーミングは「ロスジェネ世代」からのようですが、ルールーさんが把握していない人、“LOST GENERATION”、そして未来から来ているといったコトなどを鑑みると、「存在しない未来・歴史」からの使者の可能性はなかろうかと思えたり。
失われた歴史…やはりクライアス社は歴史改変マシーンを完成させていた…?

といったわけで次回は新しいプリキュアさんが登場。
ギリギリまで誰が資格者か分からないです…果たして誰が…。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 新四十路男の失敗日記 at 2018-06-10 23:24
タイトル : HUGっと!プリキュア 第19話 ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?
女装好き男・若宮アンリが、プリキュアのところにファッションショーの話を持ってきた。 プリキュアの正体、知られすぎじゃないですかね… 野乃はな:   「これ来ちゃったかな、あたしの時代が(大意)」 モデルはめちょ子ではなく、ルールーと愛崎えみる。 二人の歌を聴いたアンリ、なかなか良い二人とのことで誘ったと。 ショーの主役はアンリ、女装する気マンマン。 自信が持て...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2018-06-11 05:56
タイトル : HUGっと!プリキュア 第19話「ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?」
HUGっと!プリキュアの第19話を見ました。 第19話 ワクワク!憧れのランウェイデビュー!? えみるとルールーがアンリに誘われて、ファッションショーのモデルをやることになり、はなもはぐたんと一緒にショーのお手伝いをする。 えみるは初めてのランウェイにちょっと緊張していたが、ルールーが励まして2人で頑張ろうとするが、そこにえみるのお兄ちゃんがやってきて、ファッションショ...
Tracked from ぬるーくまったりと 3rd at 2018-06-11 16:07
タイトル : HUGっと!プリキュア テレ朝(6/10)#19
第19話 ワクワク!憧れのランウェイデビュー!? 若宮アンリがルールーとエミルにファッションショーへの参加を求める。今までとは異なるノイズが欲しい。 えみるは出場したいが自信がない。そんなえみるを励ますルールー、二人一緒だから引き受けました。二人なら何でも出来る。 えみるの兄はアンリの服装を注意する、いつも着崩していて男らしくない。女の子みたいだ、でも気にしてい...
Tracked from のらりんすけっち at 2018-06-11 18:05
タイトル : HUGっと!プリキュア 第19話「ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?」
アバンのダッシュはなちゃん可愛い♪ ほまれっちはすっかり笑顔になりましたね~(^^) まだ出番あった^^;、アンリが持ち込んだファッションショー出演。 彼が指名したのはルールー&えみるコンビ。 ムリなのです~!!!(>_
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2018-06-15 00:07
タイトル : HUGっと!プリキュア 第19話感想
 今話の名セリフ:「誰の心にだって・・・、ヒーローはいるんだよ!」(野乃はな)  「HUGっと!プリキュア」第19話「ワクワク! 憧れのランウェイデビュー!?」の感想です。
Tracked from あおいろ部屋 at 2018-06-16 13:56
タイトル : HUGっと!プリキュア第19話感想&考察
予告とエンドカードで余韻をかっさらうスタイル(笑) HUGっと!プリキュア第19話 『ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?』 の感想です。