FC2ブログ
2018年 05月 28日
ギャングラーの能力により透真とギャングラー怪人の中身が入れ替わってしまう。
怪人態となった透真を匿いつつ、元に戻る為の思案を捻るが、透真になったギャングラーはモテ期到来を楽しんでいるのであった。

ギャングラーからしたら地球人の身体は気持ち悪かろうという視点がF漫画ぽくて好い。地球人の女子にモテるコトは嬉しいのかという疑問はそこそこに、でもチヤホヤされたらどうでもよくなるかもなぁ…。

ギャングラーは体を返す気が無いとなれば、いよいよ透真の身体を処分しなければならないかもしれない。いつかした約束のように、誰かが倒れても残った者で願いを叶えればいいという。

戦隊お馴染みの入れ替わりエピソードなのですが、ドタバタ喜劇でありつつ、本筋は結構シリアスなお話。
例年だとずっとギャグで回すような話でも、基本ストイックなルパンレンジャーがメインだとシリアス話になってしまうという、分かり易い例かもしれない。
「快盗戦隊ルパンレンジャー」という単独番組だと話がいつも暗くなりそう。そこが独自性でルパレンの長所でもありますが。

いつか来る女装回や野球回でも、やたらシリアスな顔してドラマを作るかも…それはそれで見たい。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :