2007年 01月 07日

立った!!(違u

頭の飾りが左右逆でした。描く時に録画をチェックすればイイんだろうけど、テープだからメンド臭いんだよね…


今週から残り4話全てが最終バトルの模様。
ライダーや戦隊がせいぜい3話程度でラストを描くのに対して、4話分殆ど最終バトルって、プリキュアも頑張りますよねぇ。
まぁ頑張った所為か、今回は皆さんあまり可愛く無かったですがね。随分、目と口が大きい作画ですこと。
いや、その分は「プリキュア5」のパイロットの方にいったのかもな。流石パイロット版だけあってキレイだったし。
てか、まさか今回予告が入ってくるとは全然思いもよらなかったっすよッ。

先に始まる「電王」だって、まだ映像では何も出ていないってのに。こちらは主役の声まで… そーいや、健太とかよし美先生とか、今までの貢献度の高い人が納まっていたりする気がするのねん、プリキュア5。
あぁ、あのBGMが主題歌メロディなのか…どんな感じになるのやら…
てか、画面が4:3だった… もうそろそろ16:9でもいいのでは?


ダークフォールへ行く前に咲舞、みのりに挨拶をしておくミチカオ。
二人でこっそり行くはずだけど、あんな沈んだ表情を見せておいて秘密も何もあったもんじゃないね。
私達、何か秘密があるんだけど後から尾けて来て下さいと言っているようなもんでね。

でも、みのりちゃんを悲しませたくなかったから…

そっか… みのりちゃん… って呼んでたんだね(そこかよ)。何となく名前ではなく「咲の妹」と呼んであげているのかと思ってたから…
とりあえず、薫さんの頭はみのり指数が、やはりかなり高めなんですな。みのりを見つめるカットは意外としっかり尺を割いていた様に感じました。
でも、咲に背中から説得されている時の薫さんは頂けません。
何故にポカーンとするんだ、キミ! 咲が真面目に話している時に。
あれはかなり斬新な演出ですよ、ええ。前衛的過ぎますぜ。


滅びこそ全てと豪語するアクダイカーンだが、満や薫etcの命を生み出しているという矛盾。やはり、「滅び」だけで世界の支配は不可能なのだと、アクダイカーン自身が半ば証明してしまっている。
自身の矛盾に狼狽するアクダイカーン。そして、遂に立つ――

え、何すか。今週の主役はアクダイカーン様だったんですか?
このアクダイカーンの狼狽はちょっと素敵でしたね。自分の信じていたモノを実は自分が破壊していたのですから、これはこれで結構なドラマ性を持っています。とはいえ、アクダイカーン様に感情移入できる要素がほぼゼロなので、ドラマを広げるのは不可能に近いですがね。

アクダイカーンは座っているにせよ立っているにせよ、とんでもなくデカイ奴なので、プリキュアとの肉弾戦が出来ないんだよねぇ。
だもんで、飛び道具中心のバトルになるしかなくて、さらにラスボス(…?)ってコトで強いもんで、プリキュアは防戦一方。
結果、バリアを張ってばかりで。バトルが単調にならざるを得ない…
とはいえね、無印みたいに巨大クイーンが出てきて力比べされても、反則感ばりばりですし。
デカイ人はボス向きだけど、ラスボスには向かないんだよね。
あ! だから黒幕が。なるほどね。

「なかよし」2月号で次の展開を知っているとはいえ… ん~まぁそれは来週書けばいいのか。いま書くと来週書くこと無くなっちゃうし。
とりあえず「なかよし」連載の最終回はページ数の関係上、説明不足感が沢山あるので、テレビではしっかり消化して頂きたいです。某カブトのようなコトにはなりませんように☆


やはり、ボクとしてはミチカオの着地点なんですよねぇ。
果たしてふたりはアクダイカーンを倒せるのか。てか、倒してイイのか?
アクダイカーンへの恩義はどうするのか。
無印においてのキリヤ、MHにおいてのひかる、そしてS☆Sにおいてのミチカオですからね。
キリヤはかなり投げっぱなし感があったし、ひかるは観念的過ぎて説明が足らなかったとゆー反省を受けてか、ミチカオはかなりしっかりと出来ているので、期待感は高いのです。

残り3話――3話か…


でも、結局最後に「プリキュア5」予告に全て持って行かれたような気がしたんですけど…

ふたりはプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by アル URL at 2007-01-08 21:50 #eODBluyE Edit
Title : はじめまして
TJ-Type1さん、はじめまして
いつもTBありがとうございます
今回のアクダイカーンがたった時
アルもクララが~と頭の中で想像してしまいました(笑)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-01-09 01:33 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>アルさん。
はじめまして! と同時に毎度お世話になっております!
今週は頭振り絞って、クララしかネタ思い浮かばなかったのです。引き出しが少ないもんで。(ハイジも描いたろかと一瞬思いましたが、それは実力から言って自爆確実なので却下しました)

しかし、立ち上がった時の巨大感は今週一番の感動だった気がします。
素直に「デカッ!!」と思いましたし。
他にも狼狽した姿を見せてくれたり、今週はアクダイカーン様の至極素敵な回といって相違無かったですネ。
Commented by 熊(偽名) URL at 2007-01-13 00:22 #- Edit
Title : 久々のでかさ@二度目のカキコ
やっぱラスボスたるもの遠近感狂うぐらいのでかさでないと、プリキュアって感じがしませんでしたよ今まで(笑)

今週のハイライトはビッグアクダイカーン様と…薫かなあ。
薫内部の「みのり率」の高さが垣間見えた瞬間だった気が(笑)。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-01-14 15:21 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>熊さん
確かに無駄にデカイのはプリキュアのデフォルトですからね。
おかげで、回によって微妙に遠近感が狂って大きさが違うんですが、まぁそれすらもプリキュアの楽しみ方の一つになるわけですね。

薫が… 薫がホントに普通のお姉さんになっちまってるんですよねぇ…カミソリのように鋭かった時代が懐かしいです…
殺気の無いミチカオなんて、ミチカオじゃない!(えー)

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from Jimmy's Impression at 2007-01-07 22:52
タイトル : プリキュアSS(第46話)
「反撃! アクダイカーン驚異の力!」満薫、冒頭からやる気満々でしたねー。最後に咲舞のところへ。お別れのあいさつではないとのことでしたが、無事で帰ってこれるとは思ってないわけで。その不穏な行動に舞はともかく、さすがに咲も感じ取った様子。いっしょに行きましょう
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2007-01-08 03:11
タイトル : 頑張っちゃった・・・ プリキュア SplashStar 第46話
二人でダークフォールに乗り込んで、キャラフェを奪還しようと決意した満と薫。満:「もう、咲たちと会えないわけじゃないけどね」薫:「帰って来るんだから」気休めです。二人とも、いつの間にか人間らしくなりました。死地に赴く前に、せめて咲と舞、みのりに会いたいとい
Tracked from 垂れっ流しジャーマン at 2007-01-08 04:00
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第46話 「反撃!アクダイカーン脅威の力!」
まさに逆ギレ。決意を胸にPANPAKAパンへと向かう満と薫…ウフフ、別にこれが最後の別れってわけじゃないわよね!そう言い聞かせ、みのり、咲、舞に会いに行く…みのりの描いた絵の話題で、和気藹々!(#´Д`)み
Tracked from なっきのひび自己満喫 at 2007-01-08 05:45
タイトル : 反撃!アクダイカーン脅威の力!
「Yes!プリキュア5」に関して色々と情報が入ってきましたねー。キャストを見ても新人さんはお見受けしないような気がするのですが…?(--;のぞみ役の三瓶由布子さんは「エウレカ」のレントンだし、りん役の竹内順子さんと言えばナルトにクロミ様にと様々な役をこなして...
Tracked from パズライズ日記 at 2007-01-08 06:58
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第46話
今回は舞と咲が満と薫と共にダークフォールに行く話。最近いい感じなお話が続いていたんですが、今回はちょっとイマイチだったかも。作画も酷かった気がしますし、最終回に向けて溜めてると考えていいのかどうか・・・。満と薫は2人だけでダークフォールに行く決意....
Tracked from フェログ ~signal shiny day~ at 2007-01-08 07:16
タイトル : 立て! キングダーク!! (違)
▼ふたりはプリキュアSplash☆Star  第46話 「反撃!アクダイカーン脅威の力!」某・31話かよッ!? いや、ほんと関係なくて、どうでもいいんだけどね。アクダイカーンって、ダークフォールがじみったらしい暗い場所だからその姿が黒くすんで見えているだけだと思ってた
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2007-01-08 07:44
タイトル : ふたりはプリキュア スプラッシュスター 46話
「反撃! アクダイカーン驚異の力!」脚本:村山功演出:川田武範作画:青山充美術:飯島秀一咲・舞に黙って、キャラフェを取り返しにダークフォールへ行こうとする満・薫。二人の様子がおかしいことに気づいた咲・舞は、「みんなで行こう!」と満・薫を説得するのですが・・
Tracked from 森羅万象 at 2007-01-08 07:51
タイトル : ふたりはプリキュア Splash☆Star
ふたりはプリキュア Splash☆Star 第46話 「反撃!アクダイカーン脅威の力!」た・・・立ったのアクダイカーン様立っちゃったの最終回も近づきアクダイカーン様との最終決戦中しかし気になるのは満と薫はどうなるの
Tracked from 少年カルコグラフィー at 2007-01-08 14:03
タイトル : ふたりはプリキュアSplashStar 第46話感想
「プリキュアSSも、遂にクライマックスナリー!」「遂に、アクダイカーンとの決戦ね」「薫と二人だけでケリを付けようと決意を固めていたけど、プリキュアが力を貸してくれる事に」「破壊を求めているアク
Tracked from 少女創作ファンブログ at 2007-01-08 15:11
タイトル : アクダイカーン様がちょっと可愛かった/『ふたりはプリキュアスプラッシュスター』第46話「反撃!アクダイカーン脅威の力!」/感想
 「我が生み出した?生命(いのち)を生み出しただと?」(アクダイカーン) 「全てを滅ぼし無に帰するとか言っておいて、しっかり生命を生み出してたじゃない」と中学生に矛盾を指摘されて逆切れするアクダイカーン様という絵がちょっと可愛いと思った。駄々っ子?
タイトル : 「反撃!アクダイカーン脅威の力!」(S☆SレビューP46)
最近、満・薫変身衣装・・・みたいなものが欲しいと思ったりするこのごろですが、残り1ヶ月を切ってしまった、Splash☆Starです。内容も終盤を迎えてきました。・・・ところで、某テレビ雑誌の情報によると、Splash☆Starは今回を含めて後4話あるらしく、今日がダークホール
Tracked from 日々の記録 on fc2 at 2007-01-08 18:32
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star #46
クライマックスに突入したはずなのに、あまりのクオリティの低さにへこんでしまいました。(涙)満と薫の決断が終盤の見せ場になると思っていたのですが、あっさりと4人でダークフォー...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2007-01-09 23:30
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第46話「反撃!アクダイカーン脅威の力!」
樹元さんのブログによると、榎本さんと仲良く秋田までプリキュア旅行に行ってたそうな。前作の黒白キュアの中の人も仲良しだったそうで、役柄と相まってなんだかほのぼのしますね。リアルで「なぎなぎ」「ほのほの」と呼び合ってたそうですし。…1人だけ除け者の九条さんと