FC2ブログ
2018年 05月 21日
幼稚園の遠足予定地の山中でギャングラーの存在が疑われるとのコトで調査に乗り出す国際警察。
ギャングラーに追われる一般市民からビークルを預かり、そのビークルで地中を捜査できるのではと考える。
しかし、それは国際警察を始末する為の罠であった。ビークルに乗り込んだ圭一郎は毒矢を打たれ重傷。
咲也と初美花もドグラニオ親分の攻撃で深手を負う。

無事に遠足できる約束を守るため奮闘する圭一郎。
「今」というよりは「未来を守る」テーマですね。どちらでも可能なのかな警察側は。
かたやギャングラー側は国際警察への恨み・復讐なので、「過去」「未来」の対立構図になっているのだと。いや、しかしあのやられ方は可哀そうよな。

国際警察は怪我を押してギャングラーに挑む。
街を守る為であり、怪人を倒せば毒が消えるはずという特撮でよくみるアレを信じる。

圭一郎は毒矢を受けても引き返さないし、病院から抜け出して戦いにも参加する。執念とか正義感でもあるけど、初美花の言うように今回は運良く生きていただけに過ぎず、次同じ事をすれば死ぬかもしれない。
つまり、「みんなを守るために自分は死んでも構わない」と圭一郎は思っている。ふむふむ。

快盗と警察の対立軸には、「過去指向」「未来指向(今?)」というのもあるけど、「自分の為」「みんなの為」という軸もある。
これまで快盗側のドラマが描かれる中で感じたのは、快盗側が警察と触れ合う中で「過去は変えられない」コトを受け入れて変化する物語…なのかなと予測していました。

とはいえ、それだけだと一方通行。

警察側も快盗から何らかの影響を受けて変化していく物語があるのでは…と考えていた中、今回の話がそれを提示してくれたようです。
警察側が快盗からの影響で「自分も大事にする」コトを受け入れる物語になることで、快盗と国際警察は対等になれるのです。

何となく見えてきた気はしますね。
勝利の法則は決まった。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :