FC2ブログ
2018年 04月 21日
本日分放送は「ぶんぶくドラ釜」「一生に一度は百点を…」でした。

「ぶんぶく~」は、タイムマシンの修理中による事故で過去へやって来たドラえもんが、ぶんぶく茶釜のタヌキとなるお話。
過去へ飛ばされたドラえもんは古い茶釜にすっぽりはまってしまい、糸の上を歩けるようになる“クモノイトン”以外の道具が使えなくなってしまう。またあまりにマイナーな道具縛り。
クモノイトンによる大道芸でお金を稼ぐドラえもんはさながら「ぶんぶく茶釜」のタヌキのよう。あの有名なおとぎ話に描かれていたタヌキはドラえもんだったのだというお話。
オリジナルエピソードなのですが、ファンタジー的な原典をSF的解釈で再構築するというのはF漫画の常套手段で、これもそこにしっかり則している。
一個だけ言うとしたら、原典の「ぶんぶく茶釜」のストーリーを話の中で紹介してくれてもいいかなーというコトでしょうか。漠然とタヌキが茶釜になるというコトだけ覚えているけど、物語の流れが記憶に無くて…いや、これはボク個人の知識の問題でもあるが。

「一生に~」は、どんな問題も鉛筆が回答を勝手に書いてくれる“コンピューターペンシル”のお話。
誰もが一本は欲しいコンピューターペンシル。宿題に苦闘するのび太に手っ取り早くそれを渡すドラえもん。しかし、それをテストに使うのはカンニングと同じだぞ!と怒り心頭。
そもそも何故宿題にはOKだったのかという、その基準がどうしても気になります。ドラえもんの倫理観は難しいのだ…。
のび太は葛藤の中でコンピューターペンシルは使わない決断をする。この原作、てんコミ1巻に収録されているというコトは、先生的にも大事な話として位置づけられているのかもしれないなぁ(話選びの段階で2巻目が出るという保証もなかろうし)。
ドラえもんの謎倫理観はともかくとして、のび太を立派な大人にするという本来の目的に珍しく沿ったお話だけに(ぇ)、優先的に収録されていたとしても納得なのであると。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :