FC2ブログ
2018年 03月 19日
ルパンレッドとの対峙から対抗心を燃やす圭一郎。
ギャングラーを発見するもルパンレンジャーが来るまで倒すなと発言し、つかささんに引っぱたかれる。
着任当時の言葉を思い出し、警察には強い責任が求められるコト、人々の安全と平和を守る事に注力するコトとする。

警察官として、守るのはプライドではなく人々の「今」。
パトレンは正統派なヒーロー像としての熱さが描かれているなぁーと感じ入る。
魁利の方も圭一郎を強敵として認め、明確にライバル構図が出来る。

レギュラー回、スポットライトが当たるキャラクターがはっきりするようになったので、もう特に不安も無く普通に見れるようになっているなと感じます。
個人的にはヒーローとダークヒーローという別々の面白さを1番組で楽しめるからお得ですなと思って楽しめる。
三つ巴はチビッコにとってややこしくないか否かという疑問は、まぁそのうち結果として判然とするだろうし。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :