FC2ブログ
2018年 03月 05日
店に食事に来たパトレンジャーの一同から変身用のコレクションを回収しようと急く透真。一刻も早くコレクションを回収して、恋人を助けるという願いを果たしたいのだ。
とはいえ、それをすればあっさりと正体がバレてしまう。警察は逃げない、むしろルパンレンジャーの元に向こうからやって来てくれるのだから後回しいい。パトレンジャーはむしろ適当に有効活用すべきだと魁利。

パトレンジャーの方もあくまで優先的に対峙し退治するのはギャングラーの方であると認識が出来ているので、これで両者が1年間仲良くケンカ出来るだけの下地は出来たのです(ぇ)。

お次の話では、連続失踪事件を捜査するパトレンジャー。
被害者の気持ちが理解できる初美花はギャングラー怪人の能力を教えるというヒントを与えて捜査をサポート。
ギャングラーはぬいぐるみをワープポイントにして、被害者を拉致していたと分かる。

レギュラー回の軌道に入ったとされる3・4話を見ると、基本はルパ・パトどちらかがメインとして立っていて、しかしライバルとの対立の中でヒントを貰うなどの展開があるってのが、基本フォーマットになるのかな…と今のトコ感じられる。
同時に各キャラクターのキャラ立ちもしっかり詰め込まれていて抜かりない。戦隊として変則的な企画だけど、抜かりなく上手く作られているなぁと。ふむふむ。

ルパレンがメインの話では本人たちの過去のドラマという面白さがあって、パトレンは被害者救済という刑事ドラマの本流が描かれていて、どちらの魅力も交互に表れているなぁと。
ヒーローとダークヒーローという違いから、見せられる話も違うだろうから振れ幅が広いほど面白そうだなぁと期待します。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :