FC2ブログ
2018年 03月 05日
ローグの正体は氷室幻徳。
東都から脱走した後、西都で色々と苦々しい想いなどを噛み締めながら、仮面ライダーの資格者となったとのコト。だいたい復讐しに来る奴は自分で地獄から戻ったと言うのだ。
なにゆえ、これほど親切にライダーになった顛末を話してくれるのかといえば、Blu-rayBOX特典エピソードの販促でもあるのだ。抜かりない。やはり仮面ライダーになったからには販促の責任がある。

スタークの解釈によれば、戦兎と幻徳は似ているとの事。
しかし、戦兎は多くの大事な物を抱えてしまっているのがダメだと。自分を解放出来ていないのだと。
かたや幻徳は全てを捨てて、自分を解放したというコトらしい。

ローグはその変身描写からも見て取れるように、「破壊」を象徴している。
戦兎が色々と人間関係を広めて構築・Buildしているのに対し、幻徳は元の立場も家族も捨て去り、破壊・crashしている。
もっと壊れろ…と誘いをかけているスタークの言う「自分を解放する」というのは、それこそハザードのように自我を失い闘争本能のみの姿になったコトを言うのかもしれない。

ローグさんとのパンドラボックス争奪戦のさ中、美空が裸足でやって来てローグやブロス兄弟を飛ばしてしまう。しかも、壁を操って…。
強い…。

美空のバングルの中に、かつて火星が崩壊した時の映像が入っていた。それを再生できるパソコンが凄いのか、それともMP4ファイルか何かだったのか…。
美空がバングルに操られたのは火星のような悲劇を再び起こさないようにではないかと推測する戦兎。
また風呂敷が広がったけど、たしかに全ての元凶は火星にあるから説明してくれる人は必要だわなぁ。ふむふむ。

ローグの毒牙によって散った赤羽の弔い合戦と挑む戦兎たちながら、やはりローグっぉぃ。唯一効いたのは暴走したハザードの一撃のみ。前述のとおり、「破壊」側のハザードであれば対抗し得るというコトか。
しかし自我の無いハザードは獣と同じ。

美空にまで攻撃をしようという中、バングルと反応し、ハザードの複眼は左右ラビットになる。
これ赤いラビットは火星のコトなのかなぁと最近思っているワケですが、このラストを見るとさらにそれっぽい。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :