FC2ブログ
2018年 02月 16日
本日放送は「ジャイアンVSメカジャイアン」「きつねにつままれた話」でした。

「ジャイアン~」は、横暴なジャイアンに対抗すべく“メカメラ”で生み出されたメカジャイアン。ジャイアンを倒せるのはジャイアンだけ!という発想のもと建造が急がれたが、その精神までもジャイアンをトレースしているメカジャイアンは人類に牙をむいたのである。そして、暴走したメカイジャイアンを止める為に本物のジャイアンをぶつけようと試みるスネ夫…。
終始、怪獣映画的なノリでバカバカしい話が繰り広げられる、とても楽しいお話。さっきまで悪役だったモノを都合よく味方に仕立て上げるみたいなトコロは、人間の傲慢さが如実に感じ取れる実に怪獣映画らしいシーンである。
ラストは互いの歌をぶつけ合わせるという、ゴジラとメカゴジラが熱線ぶつけあう例のあれっぽい戦い。その後に和解。ジャイアンとメカジャイアンのユニットが結成され、人類は終局へ向かう。
「勝った方が我々の敵になるだけです」とは「ゴジラvsビオランテ」のセリフですが、両方生き残るという最悪の展開のラストとなり、終末的な怪獣映画感があって楽しかったです。

「きつねに~」は、のび太が“具象化鏡”で色んな比喩表現・慣用句を見せつけられるお話。
時の流れ、心が暗い、狐に抓まれたような、耳が痛い、真っ赤な嘘etc...といった表現を具象化して目に見せてくれるアイテム。
この話、幼少期読んだ記憶ではちょっと重い印象とよう知らん慣用句などでピンと来ませんでしたが、今見るとそういうコトかと実感できる。やや説教臭いといえばそうなんだけど、「ドラえもん」でもたまにはこういう話を描けるんだという懐の広さも感じる。
大人になってからの方が意味が分かる、だからこそその言葉の意味が重いんだけど、最後の温かさもまた感じ取れるようになるのだと思います。正しいと思った答えがいつも違っている、そんなコトばかりだけども…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :