FC2ブログ
2018年 02月 12日
東都と北都の戦争は、ビルドとグリスの一騎打ちにて決する事となった。
能力自体はグリスの方が上ながら、スタークから渡された北都や西都のフルボトルを使ってトリッキーに戦って翻弄するビルド。
それでもままならず、再びハザードトリガーに手を伸ばす。

戦兎はハザードフォームが暴走した時の保険として、停止装置を美空に渡しておく。しかし、スイッチを押せば戦兎自身も消滅する装置であるとの事。
案の定ビルドは暴走し(しなかったコトは無いのだが)、美空はスイッチを押せずにいると、万丈が身体を張ってビルドを止めようとする。
「俺しか止められねえ!」という熱意のもと、クラッシュドライバーのビリビリを克服し、殻を破った万丈。バディモノすなぁ…。
万丈がクローズに初めて変身した時も戦兎を助けるためだったし、戦兎を助けたいと思う度にコイツは成長していくのかな。

一海は仲間に余計な心配をかけたくないので記憶を失ったというコトにしていたとのコト。戦兎との共通点による対比かと思われていましたが、そういうワケではありませんでしたか。実は美空と身内なのではとすら推察されていたが、それもないかな。

ずっとバトル漬けの熱い話が展開する裏ではスタークさんが相変わらず暗躍。東都政府とつるんでいたスタークさんは、実は北都と繋がっていた…かと思いきや、本当は西都の協力者だったんだ!という誰もが予想した通りの流れ。悪いやっちゃなぁ。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :