FC2ブログ
2017年 11月 17日
本日放送は「ハツメイカーで大発明」「大砲でないしょのはなし」でした。

「ハツメイカー~」は、自分で新たな秘密道具を工作して制作する道具。
ドラえもんと喧嘩し、ドラミから与えられたハツメイカーで諸問題を解決しようするのび太が、次々に色んな新アイテムを作り上げる。
工作好きだった幼い頃に読んで、自分で秘密道具が作れてしまうという部分に興奮した記憶のあるお話。これ、普段は不器用なのび太が普通に失敗もなく作れてしまうというのが凄いというか、それだけ作り方が簡単なのか、その部分は話の中で重要じゃないから無視してるのか、やや気にかかる。この話におけるのび太はキテレツと同格ですからね。どうしちゃったのよ。
ドラえもんに謝罪し、助けを借りる事で騒動は収束。必要なのは道具ではなく、ドラえもんという信頼の置ける友人なのだという決着。
「キテレツ大百科」に似た話でもある分、「キテレツ」と「ドラえもん」は似ているようだけどココが違うんだと言っているようにも見える。コロ助は…まぁ頼りにはならんしな。

「大砲で~」は、遠く離れた人に声と文字でメッセージを送れる“メッセージ大砲”の一編。
声と文字は漫画においては同義語みたいなモンなので、要するにフキダシをぶつける事が出来る道具。
しかし、今の時代に見るとどうしても「携帯電話は…?」となってしまうので罪深い。原作に無かったそのようなアイテムに関しては一切言及しないで乗り切ってるのが潔いです。下手に「携帯の電波が通じない山奥に居て~」とか付け加えません。メッセージ大砲の便利さだけを見ろ、どうだ!とな。まぁ原作を読んだ当時から、しずちゃんには電話で事足りるでしょと思ってはいたけれど。
漫画の文法を利用したメタ的な道具でもあるんだけど、便利さという面においてはこの道具よりも現代が追い抜いているのであるから、進化の歴史を感じずにはおれない。
現代の小学生が携帯スマホを持っているのかどうかは何ともですが。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :