FC2ブログ
2017年 10月 16日
政府の研究員だった葛城を殺したのは、龍我ではなく戦兎ではないかと疑いがかかる。しかし記憶も無いし、当事者は死んでいるので確認しようがない。
ガスを人体に注入する危険な実験を行っていたとされる葛城は、研究データを北都に住む母親へ渡してる可能性があるとのことで、戦兎たちは北都へと向かう事に。

戦兎たちが北都に行き逮捕され、仮面ライダーの軍用化計画がバレたらえらいこっちゃと幻徳さん…ことナイトローグ。
ナイトローグさんは幻徳さんだったのだ。ミスリードも無く直球で気持ちがイイ。かたやブラッドスタークさんは誰なのか…幻徳さんの横にいるメガネではないというコトが明かされ、となると…戦兎の北都行きを知っていて、なんかロケットのフルボトル持ってたし…ううむ…宇宙飛行士…。

北都に辿り着いた戦兎と龍我は葛城の母親の元へ行くも、息子を殺したとされる容疑者を迎え入れるはずもなく。
しかし、子どもを守る姿を見せられ母親の心理に変化が…というのは次回っぽい。
殺人犯の容疑者から信頼を得る者へと変化するコト、それもまた失われた過去から新しい自分をビルドするというテーマに則しているのかなと。

毎回新情報を与えてくれるブラッドスタークさんによれば、葛城はファウストを組織した人間の一人だという。
初めは接点の無かった秘密組織ファウストと殺人事件とが明確に繋がってくる。ああ、そして今更ながら幻徳さんがナイトローグということなので、東都政府もファウストに繋がっているというコトがハッキリしたのである。
いやまぁ、みんな分かっとったコトであるけれども。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-10-17 08:08
タイトル : 仮面ライダービルド 第7話「悪魔のサイエンティスト」
仮面ライダービルドの第7話を見ました。 第7話 悪魔のサイエンティスト 戦兎に葛城殺害容疑が浮上し、殺害犯として追われる龍我は戦兎に329回も激しく詰め寄る。 戦兎には当時の記憶がまったくないため、対立する戦兎と龍我は石動の提案で戦兎と葛城に接点がなかったか調べることにする。 葛城がやってはならない人体実験を行い、東都先端物質学研究所を解雇されていたことが分かり、葛城...