2017年 08月 28日
ドン・アルマゲの秘密を知るべく時間遡航するオリオン号。
そんなさ中に、インダベーが船の中に潜り込んでいたと分かり捜索すると、ジャークマターのブラックさに耐えかねて逃げてきた面子だという。
どれだけジャークマターの労働環境が悪辣化という話を聞く中、これまでのキュウレンジャーの戦いが思い起こされる。

というわけで夏の総集編。
徐々にメンバーが増えていったコトや、アイテムの紹介を中心に振り返る。そういえばペガさんあれ以来一度も出てないなぁ…。

総集編ながらに素面アクションと名乗りが見れるというお得感もあって楽しめます。
結局インダベーはジャークマターのスパイであったことが判明しますが、そのやり取りの中でツルギがキュウレンジャーの面子を仲間と認めている旨が描かれる。
これまでの話で、ラッキー、スパーダ、ラプター、コタロウ辺りは絡みの中で認めているのかなと思えてはいたけれど、今回の振り返りによって他のメンバーも伝説級の救世主であると認める事となった…みたいなことかな。
ツルギにとっては初めての話で、また必要な話でもあったというコトになる。

総集編とはいえツルギに変化をもたらす、必要なお話に昇華させているというワケですね。なるほど。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-08-30 05:11
タイトル : 宇宙戦隊キュウレンジャー 第27話「オリオン号でインダベーパニック!?」
宇宙戦隊キュウレンジャーの第27話を見ました。 第27話 オリオン号でインダベーパニック!? ナーガ奪還をラッキー達に任せたツルギ達はドン・アルマゲの秘密を探るために過去へ旅立つのだが、オリオン号の中にインダベーが侵入していた。 ツルギがインダベーを捕えようと飛びかかると、マスクが外れ、インダベーがしゃべり始める。 インダベー達はジャークマターに作られた生命体インダで...