2017年 08月 21日
トケイキュータマによる時間遡航を前に、休暇でバーベキューに行くことにしたキュウレンジャー。
案の定、そういう折にフクショーグンのアキャンバーさんが来襲し、市民の感情を開放させて暴徒化させてしまう。
感情を開放させてくれると聞いて、ナーガはその誘惑に揺れる。

前回、自分だけ記憶の中の人物が具現化しなかったコトもあり、自分がなかなか感情を手に入れられていない事を焦るナーガ。まだキュウレンジャーになって半年やんけという気もしますが、キュウレンジャーが1年間の放送であるとメタ認識されているのなら、焦る気持ちも分かる。
ひとり春映画で出番が多かったので、その時にメタ認識を獲得してしまったのかもしれないな…。
あの映画では感情が溢れていたけど、あれ以来動きが無いと言えば無いしなぁ。

誘惑に負けアキャンバーに感情を開放してもらい、ヘビツカイメタルとなてしまうナーガ。
プレミアムバンダイで発売するとはいえ(ぇ)、てっきり1週だけ闇落ちするんかなと思ってましたが、そのまま引くし、次回はナーガと関係なさそうな話だし、意外と長引くのだなぁと驚きでした。

コツコツお当番回で感情を一個一個回収していくのかなーぐらいに思っていましたが、とても動きのある展開の中でナーガを変化させようとしていて面白い。春映画といい、ナーガは優遇されておるわ。
12人もいるので、いつもメンバーが入れ代わり立ち代わりしている面白さがありますね。すると必然的に12人揃う機会も減るので、揃った時にはちゃんとスペシャル感が出るという美味しさもしっかとある。

この辺、他戦隊では無理目な、実にキュウレンジャーじゃないと味わえない面白さって感じがします。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-08-21 22:19
タイトル : 宇宙戦隊キュウレンジャー 第26話「闇の戦士、ヘビツカイメタル」
宇宙戦隊キュウレンジャーの第26話を見ました。 第26話 闇の戦士、ヘビツカイメタル ナーガは惑星トキでそれぞれの思い入れの強い人物が現れた際、自分だけ誰も出てこなかったことに思い悩んでいた。 「バランスにくっ付き過ぎ。だからダメなの。自分で考えて色々チャレンジしなさい」 「自分で考える…」 より強く感情が欲しいと願うようになったナーガの前にフクショーグンのアキャン...