2017年 06月 26日
クロノスに対抗する為、檀黎斗が新たに開発したのはハイパームテキガシャット。無敵の主人公を操作して敵をばったばったとなぎ倒す無双ゲーだそうです。
実際の無双シリーズは別に無敵ってわけでもないだけに、凄いクソゲー臭がしてしまいますが、相手がチートなだけに、こっちもクソゲーで対抗するしかない。
ゲームにおける戦争はいつも醜いのだ…。

ムテキガシャットを使えない永夢に代わり、ゲンムが無敵に。
無敵状態の際はポーズすらも超越するが、10秒しか持たないという。
そしてあっさりとガシャットを奪われてしまう様は、あまりにしょうもなくて笑ってしまった。

永夢がムテキガシャットを使えなかったのは、パラドと分離して天才ゲーマーMの力を失ったからであろうと黎斗。
それではと、パラドを騙して自分の中に注入、ハイパームテキゲーマーになることに成功する。

たぶんおそらく、このハイパームテキがエグゼイドの最強フォームかと思われますが、思っていたより簡単になれたなーというのが率直な印象。

パラドが必要というリスクの高さはありますが、永夢の精神的変化(成長)と強化フォーム登場にあまり因果関係がないので、ドラマ的にはあっさりと登場した印象なのかなと。
これが、このままパラドと毎度融合して使うコトに終わるのか、そのリスクを乗り越える事が真の目標なのか。たぶん後者であると思うけれど。

つまり、パラドが必要不可欠というリスキーさがあるだけに、最強フォームと言えど万歳三唱で受け入れられるモノではないのが現状。オーズのプトティラや、ブレイドのキングフォームのように、副作用が強そうだなと感じられる。
医療ドラマである事を見ても、“副作用”は可能性高そうだなあ。

今回、最強フォームは登場したけれど、永夢自身は精神的成長をした話ではなかった。
だので、今後はムテキを使う事における何らかの壁が出てきて、それを乗り越えるのがドラマ的にはより重要な部分になるのではと。
パラドを許して受け入れるのか、あるいは自分の中だけで再び天才ゲーマーの才能を復活させるか、それとも無敵はゲーマーとして邪道だと捨てるのか…。

どうにせよ、現状のままで良しとはならないのだろうなあ。

あ、そしてやはり九条は檀正宗を騙していたというコトに。
となると、新社長は九条にプログラム改変なども行わず、彼の言う事を信じて自分の味方になってくれたと思っていたわけです。
つまりあれか、檀正宗は九条が嘘つきだというキャラクターを知らなかったということですね。
自分が刑務所に収監されている間に息子がクロニクルを完成させると特に根拠なく信じていたりもあったけど、絶妙に脇が甘い。
やはり親子か…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :