2017年 06月 23日
本日放送は「百年後のフロク」「トゲトローズはご機嫌ななめ」でした。

「百年後~」は、未来のゴロゴロコミックを楽しんでみようというお話。
手のひらサイズの雑誌は開くだけで部屋いっぱいの大きさに広がり、漫画はアニメのように動き、音も鳴る。考えるだけで漫画家さんが大変そうです。
さらに付録も充実していて、飛び出して教えてくれる勉強のコーチ、アルファがベータをかっぱらったらイプシロンしたという教養の必要なジョーク。笑いには深い教養が必要だというコトが分かる、大切なシーンです。
実物大の着せ替え人形、ホログラム映写機、日本列島リアル縦断すごろくと非常に充実した付録の数々。この辺が未来のゴロゴロコミックがタイアップしているIPだったりするのかしら。実物大着せ替え人形なんかは、やはり現代と倫理観が違うというのがよく分かります。これがOKなんだから、かなり自由度の高い世界であるとも思えるが。

「トゲ~」は、しずちゃんを怒らせたのび太が許してもらうべく、怒りのトゲを奪う“トゲトローズ”を育てる一編。
育成にはたいそう気を使わねばならず、身なり、水、歌、ありとあらゆるモノ、望むモノを与えなければならないのです。
しかしてこれは、トゲトローズを育成するというその行為そのものが、誰かに許してもらう為の行動になっているのです。身なりに気を配り、機嫌を取り、プレゼントをあげて…。そこまでするなら、本人に素直に謝ったらと思えてくるわけです。
トゲトローズが相手の怒りを消してくれるかのようですが、実質的には相手の怒りを消すための対処法を教えてくれているコトにこそ道具の効果がある。
ウソはついてないけど、道具の力には寄らないと言った話で、なるほどなぁと思うのでありました。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :