2017年 06月 16日
本日放送は「暴走ランナーパパ」「カルガモエッグ」でした。

「暴走~」は、運動不足のパパに運動させるべく“ムリヤリトレパン”を穿かせるお話。
これを穿くと本人の意思とは関係なく、10㎞は走らなければいけなくなるとのこと。
蜂に追いかけられたり、泥棒に追いかけられたりすることで、運動不足の意志薄弱な人間でも気軽に運動が出来るのです。
要するに恐怖と暴力によって無理やり動かしているというのが実に未来のアイテムらしいです。薄々分かってはいましたが、未来では人間の心が失われているとしか思えない。恐ろしいなあ…。
パパが被害に遭うという珍しい話ですが、アニメではドラえもんも一緒に被害に遭っています。尺かな…。

「カルガモ~」は、無生物に刷り込みをさせて後ろに付いて歩かせることが出来る道具を、忘れ物防止に利用しようという一編。
刷り込みをモチーフにした道具と言えば、人間に刷り込みをさせる“すりこみたまご”があるわけですが、“カルガモエッグ”は名前こそカルガモながらほぼ同じ製品のようです。類似品か、あるいは無生物に機能するのでむしろ上位製品なのか…。
のび太は刷り込みをさせてラクをするつもりだったものの、ドジな筆箱にシンパシーを抱いてしまう。刷り込みは子どもが自動的に親を認識する習性ですが、その習性の中でのび太もまた自分の中に親心を芽生えさせてしまう。
子どもと認識することで自分を親とする、逆刷り込みの習性もあるのかもなぁなどと、ほっこりエピソードの中から垣間見える。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :