2017年 04月 24日
ダイカーン・モズマさんの罠によりコントロールを奪われたオリオン号。太陽に向かって突き進んでしまう。
地球で動けるのはラッキーだけという中、キュウレンジャーになりたいと願う小太郎に死んだはずのビッグベア総司令の幽霊が取り憑いてしまう。そういうのもありなのか…。

ビッグベア総司令は適当でちゃらんぽらんなロンポーが司令官というのが心配で成仏出来ずにいたらしい。大概こういう上司は「アイツは適当に見えても実はしっかりしている奴だ」と信頼していることが多いのですが、死んでからも適当野郎という認識しか持っておらず、生前はロンポーにかなり困らされたのだと伺えます。現部下のラッキーの方に諭されるぐらいに信用してなかった。

キュウレンジャーになってジャークマターをこてんぱんにぶっ潰してやりたい小太郎の想いに触れ、戦う事には反対していたビッグベア総司令が力を貸すことでコグマスカイブルーという新たなキュウレンジャーが誕生した。
これでジュウイチレンジャーです。

ですが、ジャークマター憎しで荒っぽい戦いをする小太郎を、スティンガーは認められない。
憎しみの中で強さを求めたスティンガーの兄は、ジャークマターの暗殺者になってしまっているのです。いつも弟の憧れでいられる兄であれと諭され、小太郎はスティンガーをアニキと慕う。
例年だとスティンガーの心を描く話でのゲストキャラぐらいの扱いであろう小太郎が、レギュラーの戦士になったという気がします。
レギュラーが多いので、もうゲスト回なんぞ無くてもメンバー間のドラマだけで回せるぐらいのボリュームになっている。
いや、しかもこのペースはまだまだ増えるのではと想起させるし。

ジャークマターを倒すためのアルゴ船を手に入れるという新たな目標が示され、さらにマーダッコさんは復活。復活の度にキャラが変わるということで、キタエリを大活用ですね、分かります。

ラッキーはアンラッキーのスパイラルに飲まれてしまい、次回はこれを脱してパワーアップという感じだろうか。ノー天気ぽかったですが、そこそこ暗い過去があるらしく、ラッキーにもドラマはあるんだなと。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2017-04-25 23:38
タイトル : キュウレンジャー「宇宙を救う3つのキュータマ」
 マーダッコさんの腰にある黒いラインが紐パンに見えて。  パワーアップ前後編の前編か。思い返してみると、筋らしい筋がない。というより、ラッキーがアンラッキー、スティンガーと小太郎、と複数のラインが動いてるってことか。  キュータマを操作するシーンがいつもより長めで動きがゆっくりなのは、前後編で尺に余裕があるからだろうか。  にしても、久しぶりにグロい怪人見たな。怪人ってより怪物か。  ...