2017年 04月 10日
リュウバイオレットに変身したロンポーですが、制限時間の限界もありスパーダを人質に連れていかれてしまう。
リュウバイオレットはまだキュウレンジャーが発見されていなかった当時、疑似的にキュウレンジャーの能力を再現して開発されたモノで、本物と違って時間制限があるとのこと。
ロンポーはリュウバイオレットとして活動する中、命令違反をして仲間を失った経験があるのだとか。

スパーダを助ける為、かつての仲間の仇でもあるイカーゲンとマーダッコに単身挑もうとするロンポー。しかしラッキー達が助けに入り、伝説のキュウレンジャーより一人多いなら伝説を超えたじゃねーかと大いに励まし、キュウレンジャー9人のおかげなのか、リュウバイオレットはリュウコマンダーに覚醒。制限時間の無い、キュウレンジャーと同等の力を手に入れる。

ラシンバンキュータマの力でその場にいないメンバーのキュータマとも繋がったという感じでしょうか。理屈は分かりかねますが、竜が願いを叶えてくれます。

今回の話はテーマが明確に出ている部分だと思うのですが、みんなそれぞれに叶えたい願いがあって、それは仲間という存在がいるおかげで叶うというコト。
仲間を失ったガル、感情の無いナーガ、キュウレンジャーになりたいラプター、自由になりたい地球人。それらは仲間の支えによって叶えられる(しかし基本は自分が本気で望んでいるか、という点も重要)。
そして今回、「一緒に戦いたい」というロンポーの願いが、ドラゴンボー…九つのキュータマによって覚醒したリュウキュータマが叶えてくれる。
「仲間が集まれば願いが叶う」というテーマが如実に表れた描写であるなと思います。

あんだけ強かったマーダッコさんを倒し、更にリュウボイジャーも登場。転身だァァァァ!という操演の動きがおじさん達の心を突きます。
先週からジュウレンンジャーになっちまったとは言われていますが、作中でもネタにしていて抜かりが無い。

うーむ、面白い…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :