2017年 03月 13日
8人まで揃ったキュウレンジャー。
残りの一人スティンガーをどうするのかという問題と、本当に地球の解放から行った方がいいのかという問題点が持ち上がる。
前回、地球人が希望を失い解放を願っていないように見えたことも、ラッキーにとっては引っかかる。地元住民にやる気がないのに解放など出来るのかと。

今週もクジで決まった5人が出撃。ラッキーは運がいいので今週も入っています。というか、たぶん毎回出てくる。
ラッキー達は、幼い兄弟がジャークマターに反抗する姿を目にする。地球にもそういう気概のある奴が残っているのだとラッキーも元気づけられる。

ジャークマターは宇宙を征服して、人々の自由を奪う悪漢なわけですが、キュウレンジャーがジャークマターを追いやるのであれば、まずはそこに暮らす人々がそれを臨むのか否かというのは、とても大事。
ヒーローは正義ではなく、正義を成すものの味方をするだけ、「正義の味方」でしかないのだという川内康範イズムを思い起こします。

エリードロンさんに捕まった兄弟は、キュウレンジャーを誘い出す人質となってしまう。しかし、スティンガーさんの機転によって救出される。なんとスティンガーさんはロンポーが差し向けたスパイだったのだと。なんでそれ言わへんねん…!

かくしてスティンガーさんは悪人ではないと分かり、9人の救世主が揃う。「9人揃ってキュウレンジャー!」その言葉が聞きたかった。

となるとチャンプの博士を殺した犯人は…と考えが及び、当然のように第一容疑者となるのはスティンガーさんが探しているというお兄さん。現在はジャークマターの殺し屋となっているのだとか。
物凄い状況証拠が積み重なっている容疑者ですが、真実はまだ分からない。
貴虎兄さんだって、後半は味方になったでしょうに…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-03-14 11:27
タイトル : 宇宙戦隊キュウレンジャー 第5話「9人の究極の救世主」
宇宙戦隊キュウレンジャーの第5話を見ました。 第5話 9人の究極の救世主 8人になったキュウレンジャーは惑星解放のため再びチキュウに降り立つのだが、チキュウでは幼い兄弟・小太郎と次郎がジャークマターを怖がり言いなりになる大人達を守ろうとしてユメパックンに石を投げ対抗していた。 そこにイテ座系カロー・エリードロンが出現し、キュウレンジャーが応戦するが、エリードロンの強さに...