2017年 03月 06日
人格が戻ったものの、変身することでまた人格変異が起きてしまうのではと危惧して変身出来ずにいる永夢。
飛彩はレベル50のガシャットの影響で倒れてしまい、大我に治療される。恋人の死を許していない飛彩ですが、まともに戦えるのが大我しかいない中、レベル50のガシャットを大我に託す。

大我がガシャットを集めてライダーは俺一人でいいと思っているのは、ライダーでいる事による副作用やら辛さを他の人間に引き受けさせたくないという優しさからなのではないか…と推測が出てくる。
とはいえ、無暗に良い人である事が露呈すると死亡フラグが立つので気を付けなくてはならない…。

永夢は大我から「一生自分の身だけ守ってろ」と発破をかけられて、ようやく変身の決意を固められる。
人を守る資格が無いと煽られることで奮起するという、医者としての自尊心に訴えかけている。これで奮起するのだから、永夢は医者としての使命感に対しては譲れないモノがあるってコトなのよな。


ゲンム・コーポレーションかつての社長であり、団黎斗の父親である団正宗について調べていた刑事がゲーム病となる。刑事は団黎斗と貴利矢の失踪について調べていたと知り、貴利矢の調べていた真相に永夢も近付こうとする。

かたや大我は、ゾンビを倒すゲームをゲンムに依頼する。
ゾンビが出てくるゲームは大概そういうゲームかと思いますが、元社長の使っているそれはかなりトリッキーなゲームだったのだろうか。
そして、ここでバガモンの話が活きてくるわけでもあるのね。

バグスターウイルスを発見したのは団黎斗であったが、ゼロデイの責任を父親へ押し付け、人々がライダーと怪人になってバトルロワイアルを繰り広げる究極のゲーム・仮面ライダークロニクルを作ろうとしている。

クロニクルと銘打っているから、歴代ライダー総登場のゲームかと思いきや、バトルロワイアルですか。しかして、実際に命を懸けて戦うゲームだと元社長は嬉しそう。それはもうゲームではないと皆が思ったところで、ゲンムが進化して次回へ。
人類を闘争の中に巻き込んで、自分が運営の神となる。物凄く大雑把な言い方をすると、ゲームで世界征服するという事です。小学生がそのまま大人になったようなアイディアで、ゲーム作りにおいては確かに天才だったのかもしれないと思わせてくれる…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-03-07 21:31
タイトル : 仮面ライダーエグゼイド 第21話「misteryを追跡せよ!」
仮面ライダーエグゼイドの第21話を見ました。 第21話 misteryを追跡せよ! ゼロデイで息子を失って以来、バグスターウイルスの謎を追っている刑事・上杉がゲーム病を発症し、CRでその刑事の思いを聞いた永夢は貴利矢の命が消滅した本当の理由が知りたいと、飛彩の制止を振り切り捜査への協力を申し出る。 「貴利矢さんがゲンムに命を奪われたのはきっと刑務所で壇正宗に会って何かを...