2017年 03月 06日
3話。
砂漠の惑星ニードルではジャークマターさんらが惑星のエネルギー“プラネジューム”を吸い取っていた。これを吸い取り過ぎると惑星は爆発してしまうらしく、プラネジューム吸引マシンを破壊する事がその星の解放に直結するのだとか。

そんな砂漠の惑星で新たなキュータマを持つスティンガーなる男と遭遇する。8人目のキュウレンジャーかと思いきや、スティンガーはチャンプの産みの博士を殺した仇敵であるらしく、互いに争い始める。

順調にメンバーが集まるかと思いきや、サソリオレンジはキュウレンジャーと敵対する。こういうヒネたキャラは大概ブラックとかシルバーがの色味であるコトが多いのですが、オレンジというキラッキラに明るいカラーの奴がこういうキャラ配置されているのも、これまでの戦隊に対してのカウンターと言えようか。

果たしてチャンプの博士を殺したのはスティンガーなのか…という謎は明らかにされぬまま、しかしラッキーはスティンガーがイイ奴だと信じることとする。キュータマが選んだのなら大丈夫だろうと。
キュウレンジャーというタイトルからして、さすがに9人揃うのをあまり引っ張るとも思えないので、スティンガーが悪い奴ではないだろうという布石は早めに入れておくのですね。ふむ。


4話。
次の目的地チキュウという惑星は、恐ろしい数のプラネジューム吸引装置とダイカーンが配されている。88のダイカーンは88の星座系に一人ずついるわけではないのだと分かりました。ずっと星々を巡るわけではなく、今後は地球でダイカーンを潰していく作業になる。

サファリでカレーを食べると、子どもの夢を食い物にする(文字通りの意味)ダイカーン・ユメパックンさんに遭遇。
実はヒーロー願望を持っていたラプター283は目を付けられて狙われてしまう。アンドロイドの夢さえも食べられるのか…。

ラプターの夢を知り、一緒に戦おうと言うラッキーですが、スパーダは戦闘用アンドロイドではないラプターさんには危険だと承服しない。カジキさんはあのメンバーの中にあって割と常識人ポジションぽいなぁ。
しかし、それでは夢を食うユメパックンさんと同じではないかとラッキー。2話でも言ってましたが、仲間の願いを叶えるために協力するのが仲間ってもんなのです。

感情を見つける事、仇敵を倒す事、ヒーローになる事、仲間の願いは叶えてやりてえラッキーさんなのだ。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2017-03-07 21:32
タイトル : 宇宙戦隊キュウレンジャー 第4話「夢みるアンドロイド」
宇宙戦隊キュウレンジャーの第4話を見ました。 第4話 夢みるアンドロイド エリードロン相手に大ピンチのキュウレンジャーの絶体絶命のところに颯爽と助けに現れたラプターは今まで隠していた圧倒的な戦闘能力でエリードロンを一網打尽にするというイメージで絵日記を書いていた。 そんな中、ショウ・ロンポーの指示によってダイカーンは各惑星に1人のはずだが、ダイカーンの乗るモライマーズが...
Tracked from blog mr at 2017-03-07 21:54
タイトル : キュウレンジャー「夢みるアンドロイド」
 オープニングで、人間態が無い人たちにも名前が入ったね。寂しいと思ってたんだ。  修正なのか、ある程度、揃うのを待ってたのか。  ラプターって、頭部・目の間・鼻・口って丸い穴が並んでるのね。  妄想シーンでの決めポーズがそれっぽくてかわいい。  出撃担当を決めるためにキュータマを集めてる時、スパーダのキュータマが上手くキューレットに入らなかった。それをラプターがあの太い指で押し込んでるの...