2017年 02月 24日
本日放送は「雪と恐竜」「拝啓、虹谷ユメ子さん」でした。

「雪と恐竜」は、恐竜を見に行くべく白亜紀のアラスカへ行ったドラえもんたちが、恐竜の赤ん坊と出会い親探しをする。
恐竜がいた頃は南極も温暖だったので北極地方も同様なのだろうと思っていましたが、そうでもなかったということかな。
極地で化石が見つかっているのは当時温暖気候だったからではなく、恐竜が寒くても活動可能だったからだというコトなのかな。20年前の恐竜知識ではもう通用しないですね、はい…。
南極の映画が公開直前なのに何故北極の近くに…と思えるワケですが、これはティラノを出すための措置なのでしょうか。やはり恐竜といえばティラノ。ティラノより大きい肉食恐竜が幾つも発見されていようとも、みんなティラノのロマンから逃れられない。
この話の構成自体がティラノサウルスへのロマンを描写しているようでもある。

「背景~」は、少女雑誌に寄せられた文通欄から虹谷ユメ子さんと文通をすることになったのび太のお話。
最初に読んだ幼い日、文通という概念が全く分からなかったので、のび太が何を面白がっているのか把握できなかったのを覚えている。えー電話でいいじゃん、て。
この話を現代を舞台に描く上での序盤、「今、文通がブーム」というかなり強引な始まりなのが力技でよい。
“もはん手紙ペン”で女子になり切って文通をするも、相手も同じく女子になり切っていたというオチ。
文通は姿を見せないので好きなように書けるというのがミソなわけで、互いにその本質をしっかり理解していたというトコロです。
しかし、よく会おうなどと言えたものだ…。
いや、純粋に友情を感じたのならば、それもあるのか。オフ会で驚きを持って出会うのは古今かわらず…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :