2017年 01月 27日
本日放送は「ターザンパンツ」「追跡!トレーサーバッジ」でした。

「ターザン~」は、着用するとどんな動物とも仲良くなれるパンツ。
普段から犬に吠えられているのび太もこれで犬に慣れればいいのだ、というコト。
街中の犬や猫、カラス、ネズミといった動物たちと交流を交わして仲良くなる中、突如町中に現れたのは本物のライオン。
ドラえもんは割と唐突に町中にライオンがいるコトがあるので慣れましょう。結構頻繁に出てきます。
町にライオンを飼っている人がいるというのも驚きですが、勝手にそのライオンを(おそらく)アフリカに逃がしてしまうドラえもんさん達も中々にフリーダム。「飼い主に連絡しておこう」って、そういう問題なのか…? この「ライオン出したいと思ったから出しただけだし」という勢いの良さ。

「追跡!~」は、ジャイアンズのマネージャーをしているのび太は連絡事項を逐一チームメイトに伝言していたが、メンバーの居場所が分からずに不便なので、今いる場所を追跡する“トレーサーバッジ”を用いるお話。
さすがに現代とはいえ小学生間の連絡で携帯電話はまだまだなのか、あるいは意図的に無視して描いているのか。てゆか、普通に電話で連絡したらいいのではと原作を読んだ時から思っていたり。ま、道具を出すための動機付けなのである程度ごまかされていかないといけないが。
友人たちの居場所が一目でわかるようになり、のび太はそれを利用して母親たちに位置情報を渡してしまう。
道具自体はまぎれもなくGPSで、今でいえばスマホや携帯に備わっているため、もはやSFでは無くなっていると言える。そしてまた、この位置情報をのび太が連絡業務にのみ使っていれば問題も無かったでしょうが、情報を他者へ渡してしまうとそうはいかない。
個人情報の管理と漏洩という現代社会の問題点が描かれます。数十年前に描かれた原作ですが、これもまた今ではSFではなく現実になっているのだなぁ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :