2016年 12月 12日
ゲーム病に苦しむ恩人・日向さんを助けようと躍起になる永夢は、レベル5の力に暴走してしまう。
恩返しのために自分が助けなければという思いに駆られていた永夢ですが、日向さんからオペはチームで行うものだと怒られる。
反省した永夢はレベル5のガシャットを飛彩に譲ると連絡。

これまで医者としての信念はありつつ、オペバトルはゲーマーとしての実力で乗り切っていた永夢。要するにライダーとして強くなってはいても、医者として成長しているワケではなかった。今回は永夢がそこに気付かされる話。

永夢は飛彩、大我、貴利矢を誘い、レベル5ガシャットをかけてのドラゴンハンティングゲームをしかける。
そしてそのままバグファイト戦に雪崩れ込むことで、レベル5のゲームを4人同時プレーに持ち込む。

チーム医療によるオペ実現のため、ゲームを利用する策略を打つ永夢。
4人は互いに競い合いながら、結果的に協力してバグファイトを狩ることに成功する。
まだこの4人の関係が仲良しになるとも思えない中でどうするのかと前回の予告から思っていましたが、なるほどこういう事かと納得。

今までの永夢は、天才ゲーマーとしてのキャラに対して医者としてのキャラが未熟で、精神的成長を伴わないパワーアップばかりしていたという印象だったのだけど、今回は医者としての成長とライダーのパワーアップがしっかり同期していて、かなりこの番組の主人公ぽかったです(ぇ)。

でまた、「手術はチーム医療である」と提示されているので、これまでは別々だった「医療」と「ゲーム」の要素が遂に繋がってくれたという快感もある。

てなわけで、今回は凄く「エグゼイド」という番組の面白さ・要素が詰まっていた気がします。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-12-13 09:59
タイトル : 仮面ライダーエグゼイド 第10話「ふぞろいのDoctors!」
仮面ライダーエグゼイドの第10話を見ました。 第10話 ふぞろいのDoctors! 「患者を救うべきドクターが怪我するなんてホントバカなんだから」 怪我した永夢を治療しようとする明日那だったが、灰馬から原因不明の子熱患者が発生しているとのニュースが報道されていることを教えられる。 「このままでは大勢の人が消滅する…ゼロデイの再来だ…!マズイぞ、大変だ!」 グラファイ...