2016年 11月 15日
前回、バグスターに襲われていた大学生に目を付けた永夢。
案の定、大学生さんの恋人がゲーム病にかかっていて、バグスターさんはストレスを増やすために大学生さんを狙っていたらしい。
治療バトルの中、バグファイトさんが現れると因縁があるらしいスナイプも乱入。

かつてまだ免許を持ってライダーをやっていた大我さんが倒すことの出来なかった相手、それがバグファイトさんなのだとか。
さらにバグファイトさんは飛彩の恋人に感染したウイルスから実体化し、飛彩さんの恋人は消滅してしまったという過去もある。
二人分の恨みと因縁を一挙に担っているバグファイトさんなのです。
そして主人公は蚊帳の外。

恋人の死を引きずっている飛彩さん。
何故、自分にゲーム病の事を打ち明けてくれなかったのかと。
心配させないために何も言わなかったのではないかと、現在の患者に照らして推測する永夢。
話としては確かにその通りなのだけど、第三者である永夢がそう察するに至る条件が少ないので、ほぼ推測だけの話になってしまっているなぁとも思ってしまう。
亡くなった飛彩さんの手紙的なモノでも出てくると分かりイイのですが、やはり尺的に厳しいのかも。

どうしても「1話で解決するには性急やで…」と思ってしまう派ですね、ボクは…。飛彩さんの内面が見えるいい話なだけに2話かけてやってほしいなぁ、と。
戦隊は1話完結でやってるんだからライダーでも出来ないことはない…のかもなんですが、どうも戦隊とライダーに対してドラマのスピード感は違っていてほしいという気持ちが自分の中に結構根強くあるらしい。
販促のスピード感に振り落とされそう。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-11-20 10:58
タイトル : 仮面ライダーエグゼイド 第6話「鼓動を刻め in the heart!」
仮面ライダーエグゼイドの第6話を見ました。 第6話 鼓動を刻め in the heart! 「永夢!」 「貴利矢さんの容態はどうですか?」 「命に別状はないって。でも貴利矢の奴、何で黒いエグゼイドの正体見たとか嘘吐いたんだろ?」 「確かに…」 「待って!ホントにこの大学に患者がいるの?」 「見たんです。バグスターがある大学生を襲おうとしていたところ。その学生、患...