2016年 10月 24日
前回バングレイさんにさらわれてしまった大和。
バングレイさんは大和とキューブホエールとの交換を要求してくるものの、ホエールを連れて行かずに大和を救出しようと考える5人。
しかし、ホエールにとっても大和は大事な存在であり、それを理解した5人はホエールと共に大和の救出に挑む。

前回は騙し討ちを計画して失敗していましたが、今回はフェイク抜きで真向勝負で挑む。「正直さ」がテーマのジュウオウジャーなので、その方法こそが勝利への道筋となる。

とはいえ作劇の事を考えるとフェイク抜きで戦うのって結構大変ですよね。ヒーローは昔から「ハッハッハ。バカめ、お前たちを誘き寄せる罠だったのだ!」みたいなフェイクやハッタリが大好きだし、それがあることで展開にうねりが出て面白くなる。
真っ正直に戦うのは直線的で、展開としては面白さを作り辛い。

だもので、そのへんどうやるのかなーと思いながら見ていましたけれど、意識的フェイク抜きで展開にうねりを出す見せ方(結果的に死んだかなと思ってしまう)をしていて、なるほどバランスよく組み立てたなーと感じました。

仲間との絆を確認する中で、それを動物の「群れ」と同期させ「動物戦隊」としての意義を語る。いわゆる“タイトル回収”だけあって非常に熱い流れ。
そこからさらにキューブ全合体へと雪崩れ込んでいくトコロまでテーマ的に一体感ある展開になっていてやはり熱い。

割とオーソドックスでシリーズとしての色味は薄いことが特徴のようなジュウオウジャーだけど、今回はタイトル回収だけあって「動物戦隊ジュウオウジャー」だからこその語りでテーマを見せつけて、とても見応えがあるお話でした。

そんなワケでバングレイさんはさよなら。
ジニス様攻略の為にクバルを手伝ってくれるはずだったのに何もしなかったな…と思いましたが、それなりに右手が役に立つ模様。
あと、巨獣ハンターと言いつつ巨獣ハンティングしている所(成功した所)が全然見れなかったのは残念な気もする。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-10-24 23:03
タイトル : 動物戦隊ジュウオウジャー 第35話「ジュウオウジャー最後の日」
動物戦隊ジュウオウジャーの第35話を見ました。 第35話 ジュウオウジャー最後の日 大和を人質に取ったバングレイから大和とキューブホエールの交換についての知らせが届く。 「もしキューブホエールを連れてったとしても、素直に大和を返すとは思えない」 「キューブホエールと大和くん、両方やられるかもしれないってこと!?」 「…!?」 「そんな…!?」 「こうなりゃいっそ...
Tracked from blog mr at 2016-10-26 21:53
タイトル : ジュウオウジャー「ジュウオウジャー最後の日」
 うぉぅ。  5人が崖から飛び出してきたとき、大和が気づいたとき、ちょっとウルっちまった。  バングレイ、つながりを毛嫌いしているようではあるが、彼も結局、クバルと一緒に動いてるわけで。  仲間ではないけど、それも一つの「つながり」。そこで足を取られて退場。  クバルはあの手を何に使うつもりなんだろうか。単に、バングレイが死んだことをジニスに示すためか、あの細胞を使って何かする、とかなのか...