2006年 11月 20日

いやぁ、おもしれぇ…
久しぶりにアニメで悶えるぐらい笑っちゃったよ…

あの舞様の絵!
ガクガクガク((((´Д`;))))ブルブル アワワワワワ…

オモチロスギル… いや、これは絵があまりにヘタクソ!とゆーよりは、キントレスキーやチョッピやムプフプのツッコミ&リアクションが的確であった事が大きいと言えますが。

今回のキントレスキーはデッサンについてのアドバイスまで。いつもは運動に対してのみ厳しい目を持っていたんだけど。
骨格や付き方に注意して描くと上手く描ける。
うん、その通りなんだよね。だから、ボクの絵はデッサンがなってないわけで…かといって真面目に肉体構造に留意して描いてみよーってのは面倒くさくて。なんとか楽して上手く描きたいもんですなぁ。
と、現代っ子のようなコトを考えてしまいます。いや、現代っ子なんだけどネ。


今回の作画、何故だか口元がやけに遊んでいます。
こんな風に→(´ー`;)口角が上がっていたり…(゚ぺ )になっていたり。
何故にその部分で遊ぼうと思ったんだろ…ま、面白かったけどね。

今回は上記の件以外のギャグも、結構冴えていたように感じました。
いつの間にか居る舞様、の天丼とかね。
2回目の方はかなーり自然に舞様まで手を出していたのに笑っちゃった、エヘ。
天然炸裂でおますなぁ。そしてそれは明らかに健太・宮迫のネタよりも破壊力が高いってのが、二人には酷な事実です。
いやぁ、他にも「直球過ぎッ!」とセルフ突っ込みする咲とか。そのオーバーリアクションの方がバレるだろうと思うわけですが。
さらに、キントレスキーの自画像「ウマッ!」とか、茄子の件とか、舞様観察の件とか(何故、咲は左手で鉛筆を持っていたのか?)、いやぁ普通に面白かった。笑っちゃった。
いつもは、半分以上スベッてるのが普通だからさ。(え?)
脚本のおかげ? いや、それともボクの大好きな大塚演出だから?
「笑い」は演出によって全然変わるからなぁ…(しみじみ)


舞は絵を書く事によって、両親と会話していた。
舞にとって、絵というのは言葉であり、コミュニケーション言語なんですね。
と言っても、両親が返事を絵で描くなんてコトは無いだろうからして、あくまで舞からボールを投げる時のみのコミュニケーション言語となるわけですなぁ。
しかし今回、舞は咲から絵を受け取る事によって、初めて同じ言語によっての会話を成立させるのであった――とか思ってみたりする。
友達に自分の描いた絵を送るという(しかも得意でもないくせに!)、その恥ずかしい行為を超えた意味を舞は感じたんじゃないかなぁ… ホント、かなりスペシャルな関係でなければ出来ません。
オレなんて、自分の絵を贈ろうとも思わんし、上手くない絵をもらっても100倍困るけどな…なんて冷たい心しか持ち合わせておりませんけど。


今回でキントレスキーは最期。だのに、タイトルに「うるさ~い」なんて言われようはちょっと、そりゃ無いぜ…
絶対に勝つと決意をしつつ、もしやの為にゴーヤーンへ言葉を残しておくオッサン。
決戦前日、相手本人に会っているにも関わらず、果たし状も送っておくという二重の準備万端さ。
「私を止めてみろー!!」とゆー台詞に、むしろ止めてもらう事を願っているような、自分よりも強い相手と戦って敗北してみたいという願望でもあるかのようなニュアンスを…勝手に感じました。

嗚呼、やはり今までの幹部の中で一番好きでした、キントレスキー。
無印・MHも含めて、全ての幹部・ボスの中でサイコーっすよ。
真摯な振る舞いと、あふれ出る天然の匂い。
そして何より描き易かったから!!

プリキュアにも、キントレのオッサン…ちょっとイイ奴だったかも、なんて言って欲しかったんだけど、中学生の彼女達に彼の魅力は伝わり切っていなかったようだ。オッサンのおかげで確実に強くなったとゆーに。
だって、何ですかブライトのあの連射気功弾。明らかにドラゴンボールだろ…
ウィンディの衝撃波攻撃も、モスラの羽ばたきぐらいはありそうで、イイ感じに女児向けアニメとゆーコトを忘れた感じが出まくりです。

アスファルトを赤く溶かす敵に、気功弾と衝撃波で戦う少女たち――こ、濃い…
女児向けなのは「プリキュア」とゆー名前だけなのでは…というのは初めてプリキュアを見た時のボクの印象だったりしますけども…


今回は大塚演出ではあるけれど、空中描写は無かったですね。
絵コンテが小村さんだからなのかしら。
でも、相変わらず夕景は出るんだね。好きだねぇ~て、ニヤニヤしちゃった。

それにしても、泉を全部取り戻しちゃって…いーんすか!?
えと…まだ10話弱残っているのかと思いますが…
ダークフォールが再び優位に立つ何かを手に入れて、最終章に入るでしょうからして、何をするのかが楽しみだったりしてます。やっぱ王女を何とかするのかしら…
太陽の泉… あ、そんなんあったね。
ミチカオ… だれ?(オイ!)

ふたりはプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from at 2006-11-20 01:22
タイトル : 本当に満足か、キントレスキー!?
▼ふたりはプリキュアSplash☆Star  第40話 「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」誕生日パーティーって何歳までやっていいのでしょうか? こちらフェたま、2●歳になります。同年の友人が来週25日に誕生日を迎えるにあたり、パーティーが開催されます・・・。「もう
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2006-11-20 02:30
タイトル : 14歳になっちゃた・・・ プリキュア SplashStar 第40話
美翔家。舞に内緒で舞の誕生パーティーの計画を練る美翔母、和也、咲。舞にバレそうになった時の母と和也の引きつり笑いが印象的です。ダークフォール。アクダイカーン様も、今までの敵幹部の失敗にイライラしてます。アクダイカーン様:「何をしておるかキントレスキー!」
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2006-11-20 02:35
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第40話「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」
【劇場版の個人的見所】プリキュアさん: 「聖なる泉を汚すものよ!」「あこぎな真似はおやめなさい!」↑このいつもの決め台詞がどうなるのかが、とても気になります。劇場版の敵役は、泉関連とは無関係ですよね…?まぁ、ジャアクキング相手にも「闇の力の下僕たちよ!」
Tracked from なっきのひび自己満喫 at 2006-11-20 03:28
タイトル : うるさ~い!キントレスキーと誕生日
舞ちゃん誕生日絵、ただいま制作中!;…そしてキントレさん…(つД`)いやー、流石大塚演出ですなぁ~♪(よく見ると、小林さんの名前があったので合作みたいですね)戦闘及び日常シーンがどれをとっても最高レベル!!素晴らしい舞ちゃん誕生日話でした♪…しかしそのせ...
Tracked from 少年カルコグラフィー at 2006-11-20 04:53
タイトル : ふたりはプリキュアSplashStar 第40話感想
 今週のプリキュアSSは泣いたどー……「キン○○スキー、退場ナリー!!」「序盤から、死亡フラグ立ちまくりだったもんね」「これまでもそうだったけど……」「サブタイに名前が来たら、アウトみたいね…
Tracked from 垂れっ流しジャーマン at 2006-11-20 04:56
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第40話 「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」
岩石を融点を超える2000度の超高熱パンチを繰り出すキントレスキー!局地的な核爆発に匹敵する滅びの力!未曾有の攻撃を受け続け、コスチュームの耐久性の限界に来ていた!しかし、それでもキュア・ウィンディは
Tracked from パズライズ日記 at 2006-11-20 07:40
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star 第40話
今回はキントレスキーから果たし状が送られてくる話。咲には絵を描くコツを教えたりして最後まで紳士的でいいやつでした。キントレスキー戦に限ってはプリキュア側が失礼にあたりそうなところも多かった気がしますが、これで退場なんですねぇ。アクダイカーンは大層....
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2006-11-20 07:51
タイトル : ふたりはプリキュア スプラッシュスター 40話
「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」脚本:村山功演出:小村敏明、大塚隆史作画:飯島秀一美術:行信三今度の日曜日は、舞の誕生パーティー。本人には当日までナイショ。咲は、舞へのプレゼントを何にしようか悩み・・・。キントレスキー退場。とうとうアクダイカーンの
タイトル : 「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」(S☆SレビューP40)
今日は舞ちゃんの誕生日のお話でしたが、久々に新聞欄のタイトルを見て気になりました。その気になるタイトルは「絵!舞の誕生日」。”絵!”ってなんだよ!・・・と思っていましたが、話の最初から最後まで絵でしたね。・・・ところで、キントレさんは今回で最後でしたが、
Tracked from Jimmy's Impression at 2006-11-20 12:33
タイトル : プリキュアSS(40話)
「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」舞ちゃんのお誕生会でしたか。舞に内緒でお友達を誘うのって結構難しいでしょうね。僕だったら一人一人声掛けますけど。なにげにみんなに混じって手を重ねてるのがおもしろかったですけどね。キントレスキー、最後の戦いだったですけ
Tracked from 優しい風景 at 2006-11-20 19:25
タイトル : ふたりはプリキュアSplash Star
第40話『うるさ~い!キントレスキーと誕生日』
Tracked from 少女創作ファンブログ at 2006-11-20 23:21
タイトル : キントレスキー散華/『ふたりはプリキュアスプラッシュスター』第40話「うるさ~い!キントレスキーと誕生日」/感想
 「腹筋を大切にな」(キントレスキー) ゴーヤーンに残した大切な言葉は彼の腹筋について。筋力トレーニングの大切さを説いた伝道師キントレスキー、今話にて退場です。
Tracked from 日々の記録 on fc2 at 2006-11-26 13:21
タイトル : ふたりはプリキュア Splash Star #40
一週遅れで、キントレスキーとの最終決戦を見ました。舞の誕生日を密かに祝ってあげようとする咲たち。舞の絵を描いてあげようとする咲が、みのりのアドバイスで舞を観察しまくる場面...