2016年 10月 03日
今回のブラッドゲームにやって来たのは、人の本音を表にさらけ出させて人間関係をぶち壊そうとするオモテウリャー。
ジュウオウジャーの皆さんも久しぶりと言うぐらいに久しぶりなブラッドゲーム。新しい怪人さんを見るのはいつぶりだろうか…。

オモテウリャーさんの術で普段は隠している本音をぶちまけ、雰囲気の悪くなるジュウオウジャーの皆さん。さらに豆腐メンタルの操がいたことで、案の定メンタルぼろ雑巾と化す。
いちいちレオだけ普段と変わらない言動なのが面白い。

オモテウリャーさんは先進国首脳会議に乗り込んで国際関係を破綻させてやろうと目論む。この会議、2話前の新聞にも書いてあったなぁ。細かい伏線でしたか。

人間関係を壊そうというデスガリアンさんらしいゲスい作戦ですが、本音をぶちまけるというのは普段のジュウオウジャーさんのテーマである本能覚醒そのもの。これまで本心をさらけ出すことによって危機を脱して「本心=善」を証明してきたというのに、本心をさらけ出すと関係が壊れるという「本心=悪」に変換されてしまったことが今回最大の脅威。
今までのテーマを完全に裏返しにされてしまっている。

結果、普段素直ではないタスクが隠していた「裏の本音」をぶちまける事で、再び「本心=善」の構図に戻すことに成功。
裏返ったテーマを再び表返しに。
作中における本音の裏返しだけでなく、番組そのもののテーマまで裏返しにしてしまうというのが、なかなかの強敵だったし、仕掛けとして面白い。

厳しい本音を言う事で関係性が深化する。
そして厳しい本音を気持ちよく感じてくる操。
でも本当はタスクより大和と組みたかった。
このオチを見てて「浦沢一門だなぁ…」と妙な気持ちになる下山さんのお話でした。楽しい。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-10-04 05:36
タイトル : 動物戦隊ジュウオウジャー 第32話「心は裏表」
動物戦隊ジュウオウジャーの第32話を見ました。 第32話 心は裏表 「セラ、そんなにいっぺんに焼いたらプレートが冷めるだろ!」 「細かいな…一気にやれば楽じゃん」 「いや、そうかもしれないが…」 ホットプレートでホットケーキを焼くのだが、タスクはみんなに注意しまくってしまい、操は落ち込んでしまう。 しかし、アムとセラの言葉にすぐに立ち直り、元気を取り戻すのだった。...