2016年 09月 02日
本日放送は「天才のび太の飛行船ゆうえんち」でした。

毎年恒例誕生日スペシャル。
今回ははアベコンベで天才になったのび太が驚異の大発明と目される飛行船遊園地の設計図を書き、その設計図通りに飛行船を作り上げたコニーランドが完成する。ドラえもんさん曰く、バカにしか出来ない発想を天才の頭脳が実現化したのだと。
お話は、コニーランドを狙う悪徳テーマパーク経営者との争いの渦中に巻き込まれ、更に暴走し始める飛行船のアウトオブコントロールが描かれる。

拾った設計図が素晴らしいのでそのまま作り、しかしよく分からない部分もままあるとはランドのオーナーのコニーさん。
まぁ具体的にどういう原理かは分からぬまま使うなんてコトは珍しくない事なのでそれはイイんですが、パスワードが分からないのでもしもの時にコントロール出来無いってのは普通にダメなのでは…。一般開放する前に解決して助かった…と見るべきか。

誕生SPも10年やっているので最近はただのテレビスペシャルぐらいに思っておくのが良いのでしょうけれど、今回も誕生日である必然性は薄目です。
「ドラえもんは観覧車好きだもんね」「うん」なんて会話がありましたが、初耳です。そんな設定、原作の何巻に書いてあったんだ…。
遊園地や飛行船といった今回のモチーフと、ドラえもんやのび太や誕生日といったメインテーマとの繋がりが希薄なので、ただ遊園地を舞台にしたスペシャルといった印象を拭えません。ラストのパスワードぐらいにしか誕生日要素ありませんもんね。
「誕生日には楽しく遊園地で遊ぶ」ぐらいのきっかけから考えられたお話なのだろうか。「誕生日といえば遊園地!」ぐらいの明確な共有感覚があれば納得出来るかもしれないけど、遊園地と誕生日にそこまで合致性を感じないので、うーむ…。

そういう意味で、楽しそうな場所ではあるけど食い足りなさが残ってしまうかなぁというお話でした。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :