2016年 08月 08日
子どもが突如天才になってしまったという依頼を受けて調査することとしたタケル殿たち。
街の至る所で同様に天才化してしまう現象が起きているが、その原因はディープコネクト社の作ったコンタクトレンズ。これを使うとサーバーを介して人間の意識が繋がり、並列化されたコンピュータのように1人の人間では発揮できない能力が覚醒するという。
いつかのアイカツシステムよりも更に技術が進んでいるのですね。

というか、人間の思考や脳を並列化するなんて、どう聞いてもヤバイシステムにしか思えないのですが、「ディープコネクト社は利用されてる! 悪いのは眼魔だ!」と思い続けるのちょっと厳しくないですかね…。仮に眼魔と結託していなくても、どう見てもSFの悪役だと自分で言っているようなモンなのに…。
あくまで仮面ライダーとして倒すのは眼魔であって、通常の人間が人間の自由を脅かす存在となることには関与しないのだろうか…。

コンタクトレンズが外せない以上、もはやサーバーを止めるしかない。
しかしてレンズを付けた人間はイゴールの思うままに操られ、眼魂に魂を閉じ込めるコトすらも可能だという。
眼魂にされた御成はアランに取り憑いて次回へ続く。

タイムリミットまであと五日なのに依頼を受けるレギュラー回なのかいなと思っているのですが、そろそろディープコネクト社にまつわる話への決着はつくのだろうか…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-08-09 09:39
タイトル : 仮面ライダーゴースト 第43話「接続!天才少年!」
仮面ライダーゴーストの第43話を見ました。 第43話 接続!天才少年! ついに力の根源と一つになったアデルにイゴールはデミアがまもなく稼働すると報告する。 「頼んだぞ、長官」 「長官…いい響きです。遂に私の時代です。あの老いぼれめ、ザマー見なさい」 その頃、大天空寺に息子が突然、天才になってしまったと母親が相談に訪れ、しかも最近は奇妙な歌まで口ずさむようになったとい...