2016年 08月 01日
アデルとの戦いの中、イーディス長官に助けられたタケル殿ら。
仙人と長官の姿をごっちゃにして勘違いして登場したことで、とうとう仙人と長官が同一人物であることが明かされる。アカウントを間違えちゃう奴だコレ。
えーっ… てな驚きはまぁ無いけど。マコトやアランに見つかった時にあそこまでシラを切る理由の方が謎では。

そして仙人曰く、今のタケルが生き返る方法はよう分からんとの事。
そちらの方が驚きの事実ですが、となるとこの人はこの半年(作中だと70日ぐらい)何も分からんけどしたり顔でいたんか…恐ろしい人や。ラスボスの方がまだ安心出来た。
タケルについて色々分からない事もある中、まぁ仙人なら何かしら知っているのだろうという期待があっただけに、事実が分かると怒涛の叱責をくらう仙人。ありゃー。
そんな怒りを振るう一同の姿を見て、みんなとの絆を確認するタケル殿。
のんき!

ここでベートーベンと心をつなげるくだりがありますが、これはどういう意味なんだろう…。ベートーベンといえば耳の障害で苦労した人というのが最も有名ですが、そこと繋がるようなくだりでも無かった気がする。怒り…?
そういえばベートーベンさんにはコレコレこういう怒りに関するエピソードがありましたね…とでも言ってくれたら分かり易いかもしれんが。

タケルがアデルとまたも対決する中、長官と龍の戦いがカットバックして同期する。
このくだりもちょっとよく分からなかったんですけど、公式サイトに長官と龍が戦う下りの説明が書いてあって、それによって納得しました(それはそれでどうなの)。
完全な世界を作ることに失敗した長官は人間界に来て(生命エネルギーの為?)龍と戦った結果、人間の可能性を認めて和解する。
その記憶を読んだタケルも、アデルに対してそれが可能だと信じて戦ったというコトだったのですね。

しかしてアデルはタケルに負けたことでさらにこじらせてしまう。
更に触手を増やさないと…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-08-01 22:50
タイトル : 仮面ライダーゴースト 第42話「仰天!仙人の真実!」
仮面ライダーゴーストの第42話を見ました。 第42話 仰天!仙人の真実! マコトに渡したディープスペクターの眼魂はガンマイザーの力を一部利用して強力なパワーを発揮するものだったらしく、分身体はガンマイザーと関係があるかもしれないとイーディスは話す。 「でも、あなたがマコトに渡したんでしょ?責任は感じないの?」 「確かに責任はある。だが、スペクターは自らの意思で選んだの...