2006年 11月 11日
脚本家が… という話がすごく話題に上がっていたけれど、観てみると脚本だけでなく演出もボクは印象に残りましたねぇ。
このぐらい、ガラッと印象の変わった演出がされてもボクは全然イイ、てゆーかむしろどんどんしなさい!と思っちゃうのです。
さすが八木監督! 「マックス」プロデューサー!
その八木監督はたしか…メビウス初演出ですよねぇ。(前回も八木監督でしたね。エヘ☆)今後もバッシバシ登板して頂きたいです、はい。


「帰りマン」の「怪獣使いと少年」のエピソードというのは… まぁ色んなトコロで紹介されているでしょうけど、簡単にボクの観た印象で書けば。
「帰りマン」の少ない名作であり(オイ!)、ウルトラシリーズの中でも最も人間の差別心を残酷にえぐったテーマが出ているエピソードだと思っておりますです、はい。


「どうして宇宙人だと怖いの?」

という言葉が刺さるねぇ…
だって、そりゃ怖いもん。
無理解なモノに対しては猜疑心と差別心と恐怖の念が浮かぶとゆーのは、古今東西人間の心理です。
いや、むしろそれが普通であり(開き直ってるんじゃありませんよ)、自分の職場にいた人間が実はM78星雲から来た宇宙人だということに対して、何の差別心も恐怖も抱かない、あそこの人達こそおかしいわけで。

何をすんなり受け入れていやがるんだ!と。

だって、今まで一緒に戦ってきたメビウスじゃないですかッ!

ウルセー! 無意識レベルの猜疑心とか無いのか、お前等!? 

――とか、誰に言っても苦い顔をするしかないような詰問をぶつけて楽しもうなんて心はボクには無いですけどもさぁ。
今回のメイツ星人の行動はやけに道理が行ってます。
30年前に殺された父親の賠償に地球の土地を頂くとか。(まぁ、土地という概念にこだわるのは、ちょっと先進的ではありませんが、地球人にあえて合わせたというところでしょうか)

ウルトラマンも地球人の武器であるとか。
確かにそうだねぇ。ウルトラマンはちょっと盲目的に地球人寄りだもんねぇ。宇宙警備隊とか非常に中立的な匂いを嗅ぐわせてはいるけども、所詮地球の概念に則した正義であり、それが宇宙規模的な正義かどうかは実はおざなりなのさ。
って、んなコト言い出すウルトラマンは嫌ですけどね。(ジャスティスはそんなコト言ってましたが)

そちらが武器を持つ以上、こちらも持つとか。
パワーバランスとか抑止とかってヤツですかねぇ…この辺はかなりメンド臭い問題なのでサラッと流すけども、確かに一理ある事は間違い無いわけで。


メイツ星人に地球人の親愛を伝えるのが、GUYSでは無く武器も持たない一般人であるというのも、メッセージ性が含まれていますねぇ。
武器を持ちながら「信じて下さい!」なんて、そんなヤツの言う事を信じてあげる博愛主義は無いのですね。
リュウが「信じてくれ!」という前に、「俺が言うのもなんだけど」というエクスキューズを入れていたのはありがたかった…けど、その前に一言謝ってよ、というのは個人的感想。

メイツ星人も地球人にも親愛の情があることを知るが、だがしかし父の無念はやはり許せないというのも、非常に感じ入ります。
そう簡単に許せるものなら、時間がそうさせていたのかもしれないし。
憎しみを全て消し去るなんて、そんなコト出来はしない…でも、出来るなればそうしたいという葛藤。
自分で消す事が出来ないならば、メビウスに消してもらうしかない。
「怪獣使いと少年」でも、ムルチはメイツ星人の(否、少年のかな?)怒りのメタファーでしたが、それすらも継承しているんですね。
あそこで、メイツ星人が思い直してムルチが静まって、ご都合的に星に帰って行くのかなぁ?とか思ったけど、そうはならなくて。
帰りマンは自分勝手な人間の為に戦うコトを苦悩していたけど、メビウスにはちゃんと戦う理由付けが与えられているわけです。だからハッキリ言って今回メビウスにはそれほどドラマはなくて、オマケみたいなものです。
コレはあくまで地球人とメイツ星人との問題なのだ!


メイツ星人は怪獣使いの遺産が花咲く時、再び現れるんでしょうかねぇ。
とゆーか、花が咲く時は来るのだろうか…
同じ星にいながら、互いに疑心暗鬼と猜疑心とでぶつかり合っている今の地球人に、異星人への親愛を期待出来るかといえば、肩をすくめるしかないんだけれどもね――



今回最後までひとつ気になってましたけど。
誰もメイツ星人に謝罪の言葉一つ発しませんでしたね。
謝罪すれば、事故の責任を認めた事になるからして、賠償を認めるという事にもなるので…
とか、酸っぱい事を考えているんだろうか。
まあ、それはそれで一理あるのかもしらんがさ…
とにかく、問題は未だ解決されていない、ってコトなのだなぁ…

ビターだねぇ… うん…

今までで一番素直に面白かった「メビウス」かな。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by てれすどん2号 URL at 2006-11-12 16:44 #eYj5zAx6 Edit
Title : どもっ!
僕もこれは文句なくこれまでのメビウスの中で一番印象的な回でしたね。ちなみに八木監督は、前回の新円盤生物ロベルガー登場の回も演出しています。前回は王道作・今回は異色作と、フィールドが違っても自分の信念を変えないところがすばらしいです。
Commented by TJ-type1 URL at 2006-11-13 01:00 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!◇
>てれすどん2号さん
あら? そでした?
前回も八木監督でしたか。
いやぁ、いかにテキトーに観ているのが露見してしまいましたね。失敬失敬。

どうしてもマックス好キーなもので、毎回カラーが変わった方が面白いじゃん!とか思ってしまうんです、ボクは。
いやぁ、今回の演出、前回と同じ演出家とは思えませんでしたけど。
引き出しの多い方なんですなぁ、八木監督。ス・テ・キ☆
Commented by 大阪歩 URL at 2006-11-13 21:52 #- Edit
Title : あえて怪獣使いを笑いネタにしてみる
つい謝罪してしまい賠償を認めることになってメイツ星人が地球に移住・・・してカルチャーショックの連続になるコメディ「ウルトラマンメビウス&メイツ星人」もあり?
でメイツ星人の人皆病気になったりしてエライことに。

そういえばリュウはずっと銃をむけて説得してましたね。説得じゃない・・確かに。

・・・私はどちらかといえば「悪魔と天使の間に・・・」の方が好きかもです。
Commented by TJ-type1 URL at 2006-11-14 01:19 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメントありがとうございます!!◇
>大阪さん
地球に住めないと分かったメイツ星人は、土地を地球人に貸し出して、地主として大儲け。
地球と銀河連邦との商取引関係が出来上がるのであった…

そういえば、ウルトラの星の単価はウラーで、1ウラー=30円なんですよね。
って、貿易してたのかよ!

「悪魔と天使の間に…」のあらすじを読んでも記憶が甦らない…
ファミ劇の再放送で見逃していた回のようで…orz
個人的には、コダイゴンの話とか隊長の父親の側面が出ている話でちょっとエエ話やん、とか思ったんですが。
て、これは11月傑作群じゃないし。
Commented by コロン URL at 2013-03-10 16:34 #SXlq22JY Edit
Title : ウルトラマンと地球人の長い付き合いと宇宙人との関係。
まあ、ウルトラマンに関しては今までの信頼がありますからね。
ウルトラマン80の第44話で暴走族に瀕死の重傷を負わされた子供の生霊が
ウルトラセブンの人形に乗り移って暴走族を倒そうとして結果的に街を破壊してしまうのですが、
その時の防衛隊の反応は「ウルトラセブン」がそんなことをするはずがない、とセブンを信じるものでした。
これは言わばウルトラマンたちが長い間、地球を守る為に戦い続けそして、
地球人もまたウルトラマンと共に戦い助け助けられ続けたからこそ地球人は
ウルトラマンを信じられるんだと私は思います。
逆にウルトラマン以外の宇宙人のほとんどが侵略者であり中には通り魔の様にただ殺人を繰り返す様な
とんでもない奴もいましし、幼い少女を怪獣に改造して地球侵略なんて腐れ外道もいました。
つまりビオの父親が登場する「怪獣使いと少年」までの間、地球はウルトラマン以外の宇宙人に
侵略を受けていたのです。
Commented by :(上のは変換に失敗したやつです) URL at 2013-03-10 16:41 #SXlq22JY Edit
Title : ウルトラマンと地球人の長い付き合いと宇宙人との関係。の続き
それにビオの父親自身、メイツ星から地球の風土や気候など調査にしに来たとは言え
無断で地球に潜入しています。これは犯罪です。
観測衛星を侵略用だと勘違いならともかく無断で侵入してきた宇宙人を侵略者と勘違いするのは思います。
当時の社会情勢は怪獣や宇宙人にこれでもかというぐらいひどい目に合されていたのですから…
しかし、天涯孤独となって居場所を失くした佐久間少年を
傷つけたのは町の人々であり(パン屋の姉ちゃんは優しくしてくれたが)、
そんな少年に優しくしたのは間違いなく宇宙人であるメイツ星人です。
そして、そんなに彼と少年が互いを思いやり固い絆があったことは確かでした。
Commented by URL at 2013-03-10 16:42 #SXlq22JY Edit
Title : ウルトラマンと地球人の長い付き合いと宇宙人との関係。の続きの続き
そして、その絆を壊したのは地球人であるという事実…それは絶対に許されないことであり罪です。
信頼とはそう簡単に芽生えぬもの…ウルトラマンと地球人は長い時の中でその信頼を築きあげた宇宙人。
いつかウルトラマン以外の宇宙人とも信頼と絆が築かれる日が来てほしいと思います。
長々とすいません。

ところで投稿しようとしても不正な投稿と言われ三つにしてようやく投稿できたのですが?
どういう理由でそうなるのでしょうか?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-03-11 23:13 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>:さん
ウルトラマンとの信頼といっても、メビウスにおける歴史で言うとそれは結構一方的なもののようにも感じるんですよね。対等ではなく、守る者と守られる者。神と人。
そうすると、結局神様を信じるのか否かって話になっちゃって。今までのこととか知らん、分からん、ウルトラマンと話した事なんてねーし、とボクはやっぱり言うと思います。
人間ですら色々なんだから、ウルトラマンというだけで信じるなんて出来やせんと、思ってまうんですね。

不正な投稿についてはFC2さんにお聞きくださいませ。
Commented by URL at 2013-03-11 23:37 #- Edit
Title : 返信ありがとうございました。
そもそもウルトラマンと人間では色々と差がありすぎますからね。
しかし、ウルトラマンは神様と違って見えるし万能でもないし死ぬし苦しむしと色々とあります。
また人間もウルトラマンの力だけに頼ってはいけないというのがテーマの一つですからね。
だから神様~と感じてしまうのではないでしょうか?

不正な投稿についての返信ありがとうございました。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-03-15 21:56 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>:さん
メビウスの場合はウルトラマンが人間に成長する事がテーマでしたよね。
今までの逆の構図で、人間賛歌を謳うのが現代的だなと感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from ガヴァドンなボログ at 2006-11-11 20:59
タイトル : ウルトラマンメビウス~怪獣使いの遺産~
ウルトラマンメビウス Volume 4バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る 「帰りマン」第33話『怪獣使いと少年』の後日談として描かれた今回のお話、色々な意味で、後世まで語り継がれるであろう内容になりました。まずはあらすじを公式サイトでご確認下さい。 私は、
タイトル : ウルトラマンメビウス第32話 怪獣使いの遺産 11月に降った雨は名作だった!
11月の雨は冷たく降るものですね。 そしてこの雨ですっきりしました! なんだかわかりませんが、涙が出てきて仕方がないです!いいのか?悪いのか? それはわかりません。 しかし個人的には今回、ほんとに良かったと思える作品だったと思います。帰ってきたウルトラマ
タイトル : ウルトラマンメビウス 32話 怪獣使いの遺産
・監督:八木 毅・特技監督:八木 毅・脚本:朱川 湊人 脚本家 朱川 湊人について  ●あの悲劇は繰り返されるのか?驚異的な問題作「怪獣使いと少年」の続編。今回ばかりは軽く見逃すわけにはいかない。下手をすれば名作のイメージや余韻をぶちこわしてしまう危惧もあ
Tracked from 医療特撮部LOG at 2006-11-11 21:10
タイトル : ウルトラマンメビウス 第32話 怪獣使いの遺産(次々に追記)
えー・・・本日はおこがましくも自分がミライになっているという夢を見ました。久しぶりだな、こんな夢をみたのは。さてさて、今日のメビウスは歴代シリーズの中でもいまだに異色の光を放ち続ける怪獣使いと少年の後日談です。テーマ性、メッセージ性の高さから
Tracked from dendenの特撮日記 at 2006-11-11 21:18
タイトル : 【感想】ウルトラマンメビウス第32話
第32話「怪獣使いの遺産」髪の毛が生えた宇宙人キタ━━━━━(゚ ∀゚ )━━━━━!!!!!地球人と友好を結ぶためにやってきたメイツ星人。だが、その見た目が悪かったせいで迫害される。30年前には地球人に殺され、そして今、リュウに銃撃された。地...
Tracked from ゲド at 2006-11-11 23:08
タイトル : ウルトラマンメビウス第32話「怪獣使いの遺産」
「あ~~~~~~~~~~~~~もううざい!!!!!!!」サイキ「はあ。」弥助「この一週間の間何があったと思うの!変なコメントをしてくる奴がいるし情報によれば私の名を勝手に名乗って私のや他のブログに変なコメントを書く奴が続出してくるし、私のブログに記事とは
Tracked from 伊達でございます! at 2006-11-12 01:22
タイトル : TBS「ウルトラマンメビウス」第32話:怪獣使いの遺産
初代からのウルトラマンシリーズが、ドラマ内の時間軸では歴史上の事実として存在し、話が受け継がれているという「メビウス」ならではの設定を活かしたストーリーでした。
Tracked from あしたはきっとやってくるさ! at 2006-11-12 08:53
タイトル : 「ウルトラマンメビウス」第32話「怪獣使いの遺産」
巨大魚怪獣 ゾアムルチ 宇宙調査員 メイツ星人ビオ 登場
Tracked from V.S.A. at 2006-11-12 08:54
タイトル : すぐに憎しみが止められないんだ - メビウス #032 怪獣使いの遺産
ウルトラマンメビウス 第32話「怪獣使いの遺産」.巨大魚怪獣ゾアムルチ,宇宙調査員メイツ星人ビオ 登場. 無知と恐れが生み出した不幸な事件...ドキュメント MAT? 覚えてません...orzムルチは覚えてるんだけど. 地球の友よ,握手は後だ...ってのは流星人間ゾー
Tracked from さかっちブログ at 2006-11-12 10:04
タイトル : 【ヒーロー】ウルトラマンメビウス #32「怪獣使いの遺産」
ある少女がピアノレッスンの帰りに河原で穴を掘る少年を発見。声をかけてみると円盤を探していると。その少年には宇宙人ではないかという噂まで出ている。ミサキ総監代行より、タクマ山中に謎の飛行物体が向かっているとの情報が入った。そこにコノミの幼稚園児が遠足で向か
Tracked from ふぁくとりいD at 2006-11-12 11:08
タイトル : メビウス 第32話
ウルトラマンメビウス第32話 怪獣使いの遺産巨大魚怪獣 ゾアムルチ 宇宙調査員 メイツ星人ビオ 登場監督/特技監督:八木 毅/脚本:朱川 湊人遠い夏の日、広い河原のあちこちを掘る青年。少女が声をかける。「何故こんな所を掘るの?」青年はこう応える。「円盤を
Tracked from 破壊王子流勝手日記 at 2006-11-12 12:46
タイトル : 遺産相続は大変だ、ということなのだ
「ウルトラマンメビウス」第32話「怪獣使いの遺産」は「帰ってきたウルトラマン」の
Tracked from はんちゃんのページ at 2006-11-12 13:15
タイトル : 今日のメビウス(2006.11.11)
第32話 怪獣使いの遺産 昔、河原のあちこちを掘り返している少年の姿があった。その姿を見かけた少女が何故掘っているのか聞くと、「円盤を探しているんだ、つまりUFOを・・・」と言う。迎えに来た母親に、あ
Tracked from ムシクイ次元 at 2006-11-12 14:09
タイトル : メビウス32話 メイツ星人ビオ
今回の主はメイツ星人。ムルチは名前が変わろうとオマケはオマケ。
Tracked from Valiant Duet at 2006-11-12 14:20
タイトル : 【ウルトラマンメビウス】「だから、勇気を持って話し合あう事が大切なんだ」
あの「怪獣使いと少年」から35年後の話、です。明らかに差別をテーマにした前作に対して、今回は過去の清算が可能なのか?という話になっています。当事者感覚だった前作
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2006-11-12 15:10
タイトル : ウルトラマンメビウス 第32話
「怪獣使いの遺産」監督:八木毅特技監督:八木毅脚本:朱川湊人地球にやって来た宇宙船。CREW GUYS JAPANが出動するが、その中には怪獣の反応があることが判明。その時、宇宙船からの「地球と友好を結びにきた」と言うテレパシーをミライが受け取り・・・。人間は、自分と
Tracked from 特撮中心日記 at 2006-11-12 15:58
タイトル : ウルトラマンメビウス 第32話 怪獣使いの遺産
メイツ星人と地球人の憎しみと交流の話でした。 未だに異星人のことを宇宙人と呼ぶのに慣れない。 外国人のことを地球人と呼ぶのと同じで、おかしく感じてしまう。 昔メイツ星人が地球へ来るも、汚染空気で体調を崩し、UFOを操作できず帰られなくなった。 地球人の少年
タイトル : ウルトラマンメビウス ゾアムルチ登場 まだ見ぬ未来へ
押しも押されぬ異色作の続編・八木監督渾身の一作・直木賞作家朱川湊人さん脚本と、まさにファン期待であり、ファンでない人にも是非観てウルトラのドラマ性を感じて欲しい今回なので、リアルタイムに観てレビューできないのが悔しい。
Tracked from 子育てパパの航生日誌Next at 2006-11-12 20:52
タイトル : ★ウルトラマンメビウス#32 「憎しみを消し去ってくれ!」
  巨大魚怪獣ゾアムルチ、メイツ星人ビオ登場 今回の脚本は『花まんま』で直木賞受賞の“朱川湊人”氏! 以前、読売新聞に「円谷の怪獣倉庫」で歴代ウルトラマンに囲まれた写真と共にインタビュー記事が載り、メビウスの脚本を書くことが予告されていました。 芥川賞作
Tracked from よろずな独り言 at 2006-11-12 21:20
タイトル : ウルトラマンメビウス第32話+α
 今日のウルトラマンメビウス,夕食の準備をしているK子さんの代わりに三女の面倒を見ていたので,ゆっくりと見ることができませんでした。そういうわけで,詳しいことは書けません。ごめんなさい。
Tracked from Y's WebSite : Blog ~日々是好日~ at 2006-11-13 00:46
タイトル : ウルトラマンメビウス第32話
ウルトラマンメビウス、第32話は『怪獣使いの遺産』
Tracked from ぐらんどばんのウルトラ愛 at 2006-11-13 01:15
タイトル : ウルトラマンメビウス第32話「怪獣使いの遺産」
三十数年前のあの事件。 かつて宇宙人であるという理由だけで、無抵抗の相手を 射殺
タイトル : 今週のメビウス&カブト
 名作の続編に名作無しとはいうけれど。ゾアムルチとメビウスの雨中の闘いは秀逸とは思った。しかも最近身につけたバーニングブレイブと言う取って置きの必殺ギミックを使わずにメビウム光線(違う)でフィニッシュとか、中々真剣に作ってる感じがありました。 元になっ..
タイトル : 『怪獣使いの遺産』なんじゃぁこりゃ~!
『怪獣使いと少年』 たじまんずの中では世代的にも、 ウルトラベスト1なのです。 で、まぁどう書いても叩かれるであろう この作品の続編を書くとは.. かなり期待して観ていました。 見て唖然.... なんじゃこりゃー! この有名作家は、 自身でこの作品の続編を書きたく
Tracked from オイラの妄想感想日記 at 2006-11-18 06:41
タイトル : メビウス・妄想感想・32
謝罪と賠償(土地)を要求する!!!どっかの国の人みたいだよ(笑)要求がムチャ過ぎる。妄想感想いきます。
Tracked from SISTER'S SHIP at 2006-11-20 20:24
タイトル : ウルトラマンメビウス 第32話『怪獣使いの遺産』
コレってアイハラがでしゃばらなければ簡単に解決したんじゃないの?ま、メイツ星人が端から好戦的に構えていたのは否めないけどね。どう見ても私怨丸出しだったし。だってメイツ星の総意とは考えにくいもん・・・陸地の20%寄越せとかさ難癖つけているとしか>....
Tracked from blog mr at 2006-11-22 22:54
タイトル : ウルトラマンメビウス「怪獣遣いの遺産」
 まず最初に謝っておこう。「朱川」と聞いて、真っ先に「朱川審」を連想した俺は二次シリーズ者である。関係者の臨時ペンネームだとばかり思ってたら、直木賞をとった歴とした作家であった。ごめんなさい。 いくらかの違和感を抱きつつ「帰ってきたウルトラマン」の「怪獣
Tracked from ガラダマの英雄(ヒーロー)大行進 at 2006-12-03 08:01
タイトル : ウルトラマンメビウス 第32話「怪獣使いの遺産」
脚本 朱川湊人 監督・特技監督 八木 毅-巨大魚怪獣ゾアムルチ メイツ星人ビオ登場-河原でただひたすらUFOを探していると言って掘り返している宇宙人かもしれないという少年と少女が出会う。それから幾年後・・・地球に1機の未確認飛行物体が侵入し、GUYSが出
Tracked from 光の国から愛をこめて at 2008-01-20 12:08
タイトル : 33 怪獣使いと少年
マジョリティとマイノリティを併せ持つ、キミがめざした遠い星 上原正三 東條昭平 大木 淳 「……あれが宇宙人なのかな」 「子どもに化けているんだって」 「おい、お前どっから来たんだよ」 「おい、なんとか言