2016年 06月 27日
アイドルオーディションに意図せざる政治力を介入させた結果合格したアカリは、ライブに向けて練習を始める。かたやアランは三匹の妖怪と新しい技の特訓を開始する。ウルトラマンレオかな…。

アイドルはもうやめる! と言っていたホナミの中にまだアイドルへの夢が消えていないことを感じたタケル殿は、他のメンバーへも説得を試みる。幼い頃から同じ夢を抱いて頑張ってきた仲間と離れ離れになってしまってもよいのかと。

アランもアカリもアイドルの皆さんも、一緒に同じ思いを共有出来る仲間がいたからこそ、困難を突破できたと。
タケル殿はその思いを感じてムゲン魂で戦う。
前のエピソードもそうですが、「仲間」=「無限」という構図に全てが収束しています。

となると敵さんであるアデルはどんどんぼっちになっていくのかなぁと思いきや、力の根源と一つになるコトを決意する。
仲間と協力して大きな力を作るゴースト側に対し、一つに融合して力を得ようとするガンマイザー側。
なるほど、計らずもプリキュアさんとほぼ同じ話が出来上がってしまっているのか…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-06-28 21:31
タイトル : 仮面ライダーゴースト 第37話「修得!それぞれの道!」
仮面ライダーゴーストの第37話を見ました。 第37話 修得!それぞれの道! オーディションに合格したアカリの浮かれ具合にホナミはアイドルは生易しいものじゃないと怒りを露わにし、アカリはホナミの指導を受けダンスの特訓を始める。 アランも精神世界で猿、豚、河童の技を会得しようと歯を食いしばる中、自らのコピーとマコトは戦っていた。 タケルはホナミを立ち直らせるため、ハーピー...