2016年 05月 30日
着ぐるみの人たちがデスガリアンにさらわれる案件が続出。
どうやらジューマンを見つけ出すために行っているとのことですが、そのさらわれた人の中には、大和の叔父・真理夫も含まれているらしい。

とある目的の為にジューマンを集めているナリアさんですが、着ぐるみとジューマンの区別がつかないらしい。「モジャ公」でも、種族が違いすぎると個体差を認識出来ないというネタがありましたが、そういう感じなのでしょうか。
確かにジューマンは何故だか凄く着ぐるみにしか見えないボクからしますと、ナリアさん達の行動は笑えません。何故だかジューマンを見ても、ドンキで売ってる動物マスクを被っているだけのように見える瞬間があるワケですからして…。
うぅむ、着ぐるみにしか見えないとは、高度なメタ仕掛けなのかもしれない…。

真理夫がさらわれて動揺する大和。
大和にとっては大切な家族。意外と引っ張っていますが実の両親とは確執でもあるのかしら…その辺がシリーズとしてのヤマなんでしょうか。
真理夫は真理夫でナリアさんにガンをつけて寺島さんの本領発揮。
「この星をナメるなよ」の台詞はおじさんから伝えられているモノだと分かる。でも、その台詞を言う機会は宇宙人に攻められている時以外であったのだろうか…。

何とかおじさんにはバレずにデスガリアンを追い払った大和ら。
どうしてこうも頑なに真理夫さんに秘密裏にしているのだろうかと思っていたのですが、いつか真実を打ち明ける、本能覚醒によってドラマ的盛り上がりを形成するタメなんでしょうかね。
となると、大和の親のコトも本能覚醒の為の布石…になるのだろうかなぁ。

次回はジューマンパワーを吸収した、デスガリアンの新たなプレイヤーさん。
ジニス様の持っていた四角いアレが何なのかも割と気にかかります。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-05-30 22:56
タイトル : 動物戦隊ジュウオウジャー 第16話「ジューマンをさがせ」
動物戦隊ジュウオウジャーの第16話を見ました。 第16話 ジューマンをさがせ デスガリアンのプレイヤー・マントールが出現し、人間とジューマンの区別がつかないために動物の着ぐるみを着た人をさらい始める。 牛のコスプレをして出かけた真理夫もマントールにさらわれてしまう。 子供の頃からいつでも味方でいてくれた大切な叔父さんの危機に大和は珍しく取り乱してしまい、一人で助けに行...