2016年 05月 23日
10年前の記憶を見たタケル。
そこで父・天空寺龍が息子のタケルに願いを託す様が描かれる。
割と明確な説明なく息子に危ない事させようとしていますが、この時の龍は自分が10年先まで生きられないと分かっていたのでしょうかね。
そうでないとちょっと厳しい。

アカリ達は眼魔のゲートを潰して、ゲートから発生していたプラズマ結晶を入手。てっきりエネルギーみたいなモノかと思っていたら物体として存在するのかと驚きました。
プラズマは物質の第四の状態とも呼ばれているから、アカリのマシーンはプラズマを個体の状態に戻す機能があるってコトかな…すご。

一方、人々が子どもになってしまう現象。
シブヤの母親も子どもになってしまい、シブヤは母親の父への想いに触れざるを得なくなる。
父親のような男らしさを求める母親とケンカしたというシブヤですが、どうしたら男らしくなれるのかと考えた結果仏門に入ったとのこと。
お話だけ見てると、お母さんが父親像を求めるあまりにちょっと…と思う節もあるのですが、シブヤも「僕は父さんとは違う」と否定はしながらも男らしさを求めて受け入れているのなら…まぁいいのかな。

父の想いを継ぐことで二つの話は同期します。
それにしても子どもになるという特異な現象である必然性はあったのだろうかと思っていると、ツタンカーメンさんが子ども化現象を直してくれます。え、すげぇ! ピラミッドパワーすげぇ!
まさか子どもの頃に亡くなったというツタンカーメンの販促になる話だとは思いもよりませんでした…。
謎が多いツタンカーメンで話作るのは至難の業だと思ってましたから…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-05-28 09:48
タイトル : 仮面ライダーゴースト 第32話「追憶!秘めた心!」
仮面ライダーゴーストの第32話を見ました。 第32話 追憶!秘めた心! タケルは五十嵐の記憶の世界に入り、10年前の父・龍と仙人達の“実験”を間近に見ることができ、15の守り神・ガンマイザーに対抗するために15人の英雄の力を借りて英雄の眼魂が作られたことと西園寺の裏切りによってマコトとカノンが眼魔の世界に飛ばされたことも分かる。 「俺は感じました、父さんや五十嵐さん、お...