2016年 05月 23日
デスガリアンの新たなチームリーダーを目指すハンタジイはスナイパー。
次々に人間をぬいぐるみにして1日1000人のクリアノルマを目指す。
ジュウオウジャーもセラと大和が早々にやられてしまい、ハンタジイの居場所を見つけるのも困難なまま戦う事に。

公式サイトで戦隊ではスナイパー戦があまりないというコトが書かれていて、言われてみると確かにあまり見たことないなぁと気付いたり。
記憶にあるモノではマジレンジャーのサイクロプスぐらいしか思い浮かびませんが。ライダーなら…クウガのバヂス戦はスナイパー線になるのかな。
敵と味方が一つの空間に居ないというのはキッズ向けの演出として問題も多いのだろうなぁ。どうしても分かりにくくなるでしょうし。

あえて難しい素材に挑戦している今話ですが、真っ先にセラと大和を沈めてさらに難しい状況に追い込ませる。ズバットの「どうやって勝つねん」に近いような、追い込み方をしているような。

方法はチームであることを利用しての捨て身。
本来のスナイパー戦ならあまりに乱暴な作戦だけれど、ぬいぐるみ化によって「ぬいぐるみになるだけならまぁいいか」という心理誘導がまんまと起きている気がする。
キッズ向けとしての配慮と作戦行動が如実に繋がっているというコトかな。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-05-28 09:49
タイトル : 動物戦隊ジュウオウジャー 第15話「戦慄のスナイパー」
動物戦隊ジュウオウジャーの第15話を見ました。 第15話 戦慄のスナイパー 「レオ!何で洗濯物を干したんだ!?」 「いや、今日の当番だからに決まってんじゃん」 「局地的に土砂降りになるって予報で出てただろ!」 「土砂降り?うわ、ホントだ!俺が空見た時はめちゃめちゃ晴れてたから」 「その時、反対側の空にはもう雨雲が出てたんだ!それだけならまだしも、土砂降りになっても...