2016年 02月 08日

平成プリキュア13作目、11代目となるシリーズの開幕。
モチーフは魔法使い。

その魔法は勇気か…
あるいは希望か…

はたまた別の何かなのか…。

車の星座は…たぶん関係ないはず…。

■未来過去

ある晩、朝日奈みらいさんは夜空を飛ぶ不思議な光を見ました。
それはクルクルと夜空を駆け、林の中に墜落した。
あれは隕石か、はたまた空飛ぶ円盤か。

もしかしたら魔法使いじゃないかしら、と言うのは朝日奈さんのおばあさま。
どう見ても先代魔法使いっぽい格好がビンビン来ますが…今は見て見ぬ振りよ。
朝日奈さんはモフルンなるぬいぐるみを連れて、墜落したそれを探索しに出かけます。
非常に好奇心旺盛なお方です。

探していたそれはあっさりと、意外にも向こうから姿を現しました。
ホウキに乗った女子。魔女。魔法使い…魔法つかいです。

この手の方々は大概、自分の正体が他の人間にバレない様に注意を払っているものですが、ひどくあっさりと自ら出てきました。なんとありがたみのない。
パーマンだったら動物にされるところですよ!

本物の魔法つかいに出会って感激する朝日奈さん。
かたや、昨日から食事を取っていないという魔法つかいのリコさんは魔法パワーが出ず墜落。
朝日奈さんからメロンパンを恵んでもらいます。イチゴ味のメロンパンとかいう…ゴチャゴチャしたテーマのパン。

パンのお礼にと魔法を披露するリコさんですが、上手い事使うことが出来ず、とんだポンコツであることを露呈させてしまいました。
そんなポンコツですが、朝日奈さんはモフルンを助けてもらって感謝している。
生まれたときにおばあちゃんから貰ったというモフルン。
ずっと一緒に暮らしてきて、姉妹(姉弟?)のような大切な存在なのだといいます。

リコさんはパンを恵んでもらって助けられ、朝日奈さんはモフルンの事で助けられた。お互いに助けられている。

朝日奈みらいさんがそのまんま「未来」を表した名前で、リコさんは(=Record)「過去」を表した名前。
そこから番組自体のテーマも少しだけ透けて見えるかな…。
今回でいうと、空腹を逃れるコトでリコさんの未来が救われ、朝日奈さんはモフルンという思い出・過去を救って貰っている。

みらいは未来を救い、リコは過去を救う。
どちらの方が大事かでは無く、互いに助けあっている。

突如ふたりの前に現れた怪しい人はバッティさん。
バッティさんから話しかけられるや否や危険を察知して逃げ出す朝日奈さん。
これは主人公特有の勘の良さなのか、あるいは未来を司っているキャラとしての予知・勘の良さなのか…。
すぐ先回りされるし、察知して逃げる展開がそこまで必然ではないように見えるので、未来を司るキャラクター性を提示するための描写かなぁ…やっぱり。

親切にもリンクルストーンなる石の説明をしてくれるバッティさん。
12個(?)のリンクルストーンの中で中心を成すエメラルドの石を特に重点的に探索しているのだそうです。
中心は普通に考えたらダイヤじゃないですかね…と思いましたが、ダイヤは変身時に使うとの事で納得。
つまりフォームチェンジには使用しない、人気の無い緑色をした宝石が結果的に中心的存在となっているわけだ(ちょ)。

バッティさんから逃げようとするリコさんと朝日奈さん。
さきほどとは打って変わって自在にホウキを操縦するリコさん。
プリキュアさん的には、誰かを守ろうとする際に使う魔法はパワーアップされるというコトでしょうかね。

バッティさんが繰り出す怪物はヨクバールさん。
「欲張る」が悪とゆーことなので、「分け合う」のがプリキュアさん側のテーマでしょうか?
手を繋ぐ・助け合いという部分にも通じる。
よもや全ての欲望と煩悩を捨てろ、とは言いださないとは思うが。

キュアップ・ラパパ。
怪物よ、あっちへ行きなさい。

朝日奈さんとリコさんはヨクバールさんの退散をお願いする。
「倒す!」「消えて!」 とかではなく、「あっちいけ!」というのがプリキュアさんらしいというか、初期のシリーズを彷彿とさせる言い回し。
「あっちへ行け」という言葉から感じる自分の認知できる範囲以外の事は知らん!という一種の開き直りのような感じ、その視野の狭いところが中学生らしくもある。
最近のシリーズが、自分の能力を超えた人助けをしようとしてしまう主人公を描いていたりもするだけに、今回のシリーズでは初期シリーズのように、あえて非常に狭いトコロを描こうとしているのではないかと感じられる。
その「狭さ」というのは「ふたり」という関係性に集約されて表現されているような…。原点回帰とも受け取れますが。

スマイル以来で久しぶりに敵さんが人間を素体としていないのも、そのテーマに則しているのではと勘繰れる。
誰彼構わずに人の心を救おうとしていたスーパー主人公ではないのだと…。
あくまで手を繋ぐことのできる「ふたり」を描いて、世界に広がっていく話ではないか…と感じられる。

「ドキ」~「Gプリ」といった最近のシリーズは、プリキュアさんと一般市民の関係性という非常にマクロな視点で描いていたのに対し、今回はミクロな関係性でテーマを描こうとしているのではなかろうか…とこの1話からは感じました。


伝説の魔法つかいプリキュアとなったふたり。
魔法という名の拳と蹴りでヨクバールさんを撃退します。
これが魔法(徒手空拳)か…いつも通りだな!
本当にあっちへ行かせただけで倒していない。

何故かぬいぐるみのモフルンが喋りだし、事の真相を突き止めるために朝日奈さんはリコさんに連れられて魔法学校へ行く事に。

ハリーポッターで見たことあるやつ…と数百万人が感じたところで次回へ。


■ワンだフル

何だかとても懐かしい雰囲気の第1話という装いでした。
「ふたり」であることの描写もそうでしたが、その他の端々にも懐かしい初期シリーズの装いが感じ取れました。それが狙いなのか、偶然なのかは分かりませんが。

個人的にはOPが耳に入ってきた時の何とも言えぬ電波感のようなモノが、非常に無印のそれを初めて聞いた時のような印象でした。
あの…なんというかその…正気じゃない!!!! という感じ…。
歌詞自体も初代テーマの継承を感じましたし、ところどころ意味の分からないところも凄い!(ぇ)

かたやEDは主人公ふたりの中の人が歌うとあって、何というか凄く番組として正統派。
今までは違う人が歌ってるのにキャラが口を合わせてたりしましたが、よく考えたらそっちの方がおかしかったんや!
「春のカーニバル」なんか、その違和感が拭えませんからね…。
声違うのに歌ってる…って。

次回はリコさんが退学になるお話。
2話で解散したり退学したり、プリキュア世界は安らぎを知らない。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by kanata URL at 2016-02-13 03:18 #KqigePfw Edit
Title : それは未知へのボウケン
 二人乗りなのにちゃんと飛べたの、実はリコさんでなく朝日奈さんのパワーだったりしませんかね。
 魔女さんの面目かけらもありませんけど、だってリコさんが落ちた時にも、みらいさんが一人で(しかも片手で!)二人分を支えてたっぽいですし……。

 リコさんが「過去」を表す名前ってのは気が付きませんでした。
 本物の魔女さんは落し物を指摘するとか追っかけるとか地味な等身大の力で人助けし、一般人の朝日奈さんが謎の直観力や何処からともなく出したパン(!?)やらで人を救うあたり、意図的に色々逆転させかつ交差させてる形でしょうか。

 てかこの魔女さんのポンコツぶり凄い……自分の置かれた立場も探し物の具体的な姿も探し方も敵の素性も敵が存在することすらも知らないって。
 あげく一般人(?)のパートナーさんに、自分が説明しなきゃいけないはずの事柄ほとんど補完してもらうって。
 第一話にしていきなり、偉大な先輩キュアソードさんのはるか上空を飛び越えてった気がします。

 プリキュアが怪物を倒さなかったのも驚きましたが。(「今週のモンスター」が敗北してかつ生存してるって初では)
 なるほど、あれって、まさに「とっととおうちへ」お帰り願ったわけですか。願いを叶える魔法の言葉(※実現手段は物理攻撃)。

 OPテーマで「二人」と歌われてるの気になりますけど、三人目以降の追加メンバーってどういう扱いするんでしょうね。最後まで二人のままっていうのは色んな制約上から考えにくいですし。
 結局SSくらいしか実現してない、もう一組の二人組でも登場するんでしょうか。……それとも二番の歌詞だと「みんな」になってる……?
Commented by kanata URL at 2016-02-13 20:24 #KqigePfw Edit
Title : Yellow Brick Road
 ふと気が付いたのですけど、エメラルドが中央で最強の石って、「オズの魔法使い」モチーフなのではないでしょうか。
 魔法の国の真ん中にある、最も強いオズ大王の住まうエメラルドの都。
(オズの国の魔法使いや魔女たちが、実は一作目で描かれた範疇に限れば、誰もまともに魔法を使っていないってことにも含意が……?)

 ……メタ的にはもちろん、同格で並べたら売れ残りそうな色をパワーアップアイテムへ割り当てたってのも事実でしょうけど。
 赤や炎のプリキュアが、追加戦士の定番枠へ落ち着きつつあるのと一緒で(笑)

 てか変身のためのデフォルト石がダイヤって、今年のプリキュアはスタート地点からえらく豪勢ですね!
 ドラマ上の意味合いとしては一応、「無色で透明な石」ってことなんでしょうけれども。
Commented by アメ猫 URL at 2016-02-13 23:21 #- Edit
Title :
たしかに初代を思わせるような描写が多い1話でしたね。
OPのノリもなんか昔なつかしのアニメってかんじで良かったです。
そして魔法使いなのに結局殴っちゃうところは
「やっぱりプリキュアだなぁ」って笑ってしまいました。

リコがrecordで過去と未来がテーマだとは気づきませんでした。
やはりこちらを拝見するといろいろ気づきがあって
より物語を楽しめます。

ところで2人を強調してますが追加戦士はいないのでしょうかね?

Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2016-02-14 04:51 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
> kanataさん
記事を書いた後に気付きましたが「Record」だと過去よりも「思い出」の方が意味合い的には近いですね。
子どもの頃に描いた夢や希望や理想が、今という時間でも力をくれるというのはプリキュアさんでもずっと描かれていることでもありますので、そこをフィーチャーしていくのかもしれないですね。
リコさんは知らない物を探すという無茶をしでかしていたわけですが、これはキュアソードというよりはキャンディのような謎生物枠に近い気がします。つまりこれは働きに期待してはいけない。朝日奈さんへの重圧が心配です。

「オズの魔法使い」がモチーフになっているとすれば、異世界に行くという設定もなるほどなんですよね。
ということは次回、魔法使いの誰かがぺしゃんこにされていないと…。


>アメ猫さん
やっぱり殴ってる!知ってた!! という安心感ありますね。
S☆Sみたいなキラキラエフェクトすらもない、ただの殴打です。

記事を書いた後にRecord=思い出だと気付いたので、今後のレビューはそっちの方向でかじ取りする事になるかと思います(ぇ
そういえばスイプリの1話怪物もレコードですが、あれも思い出という意味合いがあってなんですよね。
あれも前半は「ふたりは」感が強い作風でしたが。

追加戦士側も「ふたり」とかだとテーマ的にもイケそうな気はしますね。
で、それなら時々コンビを入れ替えても楽しいのですが…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 四十路男の失敗日記 at 2016-02-08 01:22
タイトル : 魔法つかいプリキュア! 第1話 出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!
今週から、新人プリキュアさんが発進します。 とりあえず今回は導入ということで、やや能書き多め。 「ワクワクもんだぁ」で既にお馴染み、朝日奈みらいさん。もうすぐ中2なんだそうです。 夢見るお年頃、魔法つかいに憧れるちょっと痛い女の子。ビーズメーカーでアクセ...
Tracked from のらりんすけっち at 2016-02-08 05:08
タイトル : 魔法つかいプリキュア! 第1話「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!」
始まりましたまほプリ! おジャ魔女+ジュエペ? みらいちゃん明るい。とにかく明るい。 ママン美人、おばあさまとってもメルヘンな方ですね(^^) おうちはアクセサリー屋さんかな。 リコちゃんは魔法使い! セリフに「うぐぅ」をつけたくなりましたわww 魔法はまだポンコツレベルのようで^^; このアングルがすばらしかったです(〃∇〃) 今年も大きいお友だちむけのサービス充実っ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-02-08 08:27
タイトル : 魔法つかいプリキュア! 第1話「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生!」
魔法つかいプリキュア!の第1話を見ました。 第1話 出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生! もうすぐ中学2年生になる朝日奈みらいは春休みの夜に空から謎の物体が公園に落ちていくのを目撃し、翌日モフルンと一緒にその公園に行くと、そこにはほうきに乗って空に浮かぶ女の子がいた。 「ダメよ、気を付けなきゃ」 リコというその女の子は魔法使いである物を探しのこの世界にや...
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2016-02-08 10:39
タイトル : 魔法つかいプリキュア! 第1話感想
 「魔法つかいプリキュア!」第1話「出会いはミラクルでマジカル! 魔法のプリキュア誕生!」の感想です。
Tracked from ぬる~くまったりと at 2016-02-08 11:27
タイトル : 魔法使いプリキュア! テレ朝(2/07)#01新
第1話 出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生! 夜空に何かを発見した朝比奈みらい。実家は母親と祖母がアクセサリーショップを経営。翌日に何かが落下した辺りを探しに出かける。母から何かをあげると言われてネックレスを選ぶ。祖母からもらった縫いぐるみのモフルンが落ちたと親切に教えてくれたのがリコ。ほうきに乗った魔法使い。 この世界で何かを探しているらしい。二人で探すと見つけるのも早い。二...
Tracked from あおいろ部屋 at 2016-02-10 02:25
タイトル : 魔法つかいプリキュア!第1話感想&考察
魔法の呪文はキュアップ・ラパパ! タイトルに漢字が入っているのが新鮮な 魔法つかいプリキュア!始まります♪ 魔法つかいプリキュア!第1話 『出会いはミラクルでマジカル! 魔法のプリキュア誕生!』の感想です。 今作も、あらすじ感想まぜこぜで 好き勝手書いて参ります。 今作でもよろしくお願い致します。
Tracked from blog mr at 2016-02-11 00:17
タイトル : 魔法つかいプリキュア!「出会いはミラクルでマジカル! 魔法のプリキュア誕生!」
 楽しい。  今年も、CMカットの後、改めて見返した。  主題歌、「プリキュア」って単語が出てくるのが 15 小節目。歴代主題歌で最も遅い。「Go プリ」も随分だったが、あれはセリフがあったから直の比較はできない。ずっと冒頭だったけど、その縛りは無くしたのかね。いや、縛ってたのかどうか知らないけど。 「その違いが素敵だって今なら言える」っていいフレーズ。  北川理恵ってこんな声も出るんだ。...
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2016-02-11 19:00
タイトル : [ヲタ話][プリキュアシリーズ]つまり、「魔法」で高めた身体能力を「つかい」物理で殴る「プリキュア!」ですね(マテ)
 要するにこうですね(安定の刃牙ネタ)。 さておき、いよいよ始まりました「魔法つかいプリキュア!」。 みらいさん。もうすぐ中学2年という事は、某マーメイドさんと同い年なんでしょうか。見た目といい、言動といい、JSにしか見えないんですが…。 つーか、クマの
タイトル : 魔女っ子と魔術士は混ぜちゃダメ!「魔法つかいプリキュア 」
幼女用のおもちゃである筈の箒が、本来の意味の淫具に見えてしまうのは仕様なんでしょう。 魔法使いは反秩序であり耶蘇教諸国ではイコール風紀紊乱の元凶でなくてはならないのですから。 ところがところが東方楽土の地では人に優れて仕業を顕すモノは神であり敬して崇めるのが正しい態度なのです。 罷り間違っても邪険にしたり争(あらが)う様な真似をしてはなりません。最低限みて見ぬ振りが精一杯。 ...
タイトル : 魔女っ子と魔術士は混ぜちゃダメ!「魔法つかいプリキュア 」
幼女用のおもちゃである筈の箒が、本来の意味の淫具に見えてしまうのは仕様なんでしょう。魔法使いは反秩序であり耶蘇教諸国ではイコール風紀紊乱の元凶でなくてはならないのです ...