2016年 01月 10日

年も明けて新たなプリキュアさんのお声も解禁。
事前推測ではその口癖から訛りのキツイ娘ではないかという言われていますが、聞いた感じそうでもない。
まだ気を張って標準語を使っているという可能性もあるかな。


■End of dream

グランプリンセスを目指す春野さんは今日も今日とて前進していた。
以前合格したレッスンも、さらに鍛錬を積んでいるのだという。
そんな折、プリキュア宮殿発見装置と化したカナタ王子から連絡が入り急行する。
やって来た花の宮殿で、春野さんは花のプリンセスとなっていた。

そこは夢のように美しい世界。
美しいドレス、舞踏会、王子様...夢にまで見たプリンセスの世界。
案内をしてきた小鳥曰く、そこは絵本「花のプリンセス」が辿り着いた世界なのだとか。
絵本では王子さまに会うために旅を続けるところで終わっていて、その続きは描かれてはいなかった。
この世界は、プリンセスが王子に出会う事が出来た世界。

そこではもはやレッスンなど必要ないのです。
プリンセスはお茶を淹れたり、お花の手入れなどしないのだから。
では…何故レッスンなどしていたのか…。
いや、そもそもプリンセスとはレッスンや努力によって辿り着ける存在ではなく、元より選ばれし存在の事なのではないのか…。

本来、プリンセスとはそういう存在なのではないのか…。
そう、トワイライト様のように…。

その世界では種を植えた花はすぐに咲き、枯れることも無い。
幸せだけが溢れる世界。
春野さんが望み、夢かなった世界…のはず。

ですが、春野さんにとってその世界はニセモノなのです。
花は根を張り芽を出し、蕾を膨らませ、やっと咲くから美しい。
冬空の下に頑張るスノードロップの花のような姿こそが美しいのだと。

努力せず他者からただ与えられただけの夢を春野さんは美しいとは思えない。それは春野さんにとっては紛い物なのです。

本来、プリンセスというのは血統によって与えられるモノであり、そうでない者がプリンセスを名乗るのはニセモノでしかないはず。
そういう意味で春野さんというのは偽物のプリンセスにあたるわけですが、その春野さんの方も、本来ある正当なプリンセス象をニセモノだと断じるのです。

プリンセスとなってもそのプリンセスを否定するのであれば、プリンセスとは何なのか。
クローズさんは、そんな夢は何処にも無いとすら言います。
まるで終わりがない道を進み続けるようなものではないか。

しかしもって、それこそが春野さんにとってのプリンセスなのです。
ずっと強く優しく美しくあり続ける存在。
そこに終わりなどないのです。

絵本「花のプリンセス」ではプリンセスがどうなったのか、その結末は描かれていない。
それは、読者が自由に思い描いた結末で良いという意味でもありましたが、結末のない姿こそが辿り着いた場所でもあったのだと。

歩みを止めず、進み続ける。
その姿こそがプリンセス。

ディケイド感ある…(ぇ)。
旅に終わりはないのだ。

「プリンセス」という自分でも何だかよく分からない目標に向かって進んでいた春野さんが、自分の中にある「プリンセス」の姿を見つけ出す…というこれまでのお話をまとめたような流れ。
まぁ、まとめ回なんだけど。

強く優しく美しくあり続ける姿こそがプリンセス。

となると、これはダイレンジャーENDもありえますかね…。
戦い続ける事こそが大切なのだという…次世代に継承させる最近のプリキュアさんのテーマ的にも合うし、最終回で50年後になって孫がプリキュアさんになって戦っている可能性は十分あるで…。


■南の朱雀

クローズさん、いつぞやは爽やか中学生男子に扮していましたが、今回は小鳥に化けて春野さんをたぶらかす。
どうしてこうも可愛い生き物にばかり変装して人々の笑いの種になろうとするのか…このディスピア様への忠誠心たるや。

そんなディスピア様はホープキングダムを放棄し、ノーブル学園へとやって来ました。
あぁ、最終決戦っぽいわぁ…と思ったところで次回へ。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by アメ猫 URL at 2016-01-13 00:26 #- Edit
Title :
>爽やか中学生男子に扮していましたが
たしかにあれは滑稽でしたよね・・

あの絵本の通りならクローズさんも結局は許されるのでしょうね。

漠然としていた春野さんの夢がやっと具体的なものなりましたが、どのように物語を締めくくるのか、
次回は学園のモブキャラ達にもスポットが当たりそうですし楽しみですね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2016-01-15 21:51 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>アメ猫さん
小鳥を許すという行為はトワイライトさん(こちらも鳥モチーフ)の時に成立しているとも考えられるので、クローズさんはどうなるのか…ロックのように本体と悪意が分離するという可能性もあるんですよね。
そしたらこんどは、謎生物ボイスの芝居をしてくれるのかしら…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from のらりんすけっち at 2016-01-11 05:09
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第47話「花のように…!つよくやさしく美しく!」
花の城決戦、先手を取ったのは敵さん側。 カナタのもとへ駆けつけたはるはるたち。 はるはるを夢の世界へ誘うディスピア。 ここまではうまくいきましたが…やっぱり詰めが甘かった^^; ディスピアの分断&はるはる夢の世界へ閉じ込め作戦は失敗。 クローズの精神攻撃も大きく成長したはるはるには通じず。 はるはるが悟りの境地に達してましたね。 メンタル面もフィジカル面もつよくやさしく...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2016-01-11 05:56
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第47話「花のように・・・!強く優しく美しく!」
Go!プリンセスプリキュアの第47話を見ました。 第47話 花のように・・・!強く優しく美しく! カナタからホープキングダムの花の城に異変が起こったという報せが入り、はるか達が急行すると、そこに一羽の鳥が現れ、はるかを城の中へと誘う。 気付くとはるかは見知らぬ王子から「花のプリンセス」と歓迎され、プリンセスとして過ごしながら王子と小鳥と共に花畑へと足を踏み入れる。 花...
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2016-01-11 10:14
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第47話感想
 「Go!プリンセスプリキュア」第47話「花のように・・・! つよくやさしく美しく!」の感想です。
Tracked from 四十路男の失敗日記 at 2016-01-11 17:28
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第47話 花のように…!つよくやさしく美しく!
なんか難しい内容だなぁ…という、新年一発目のプリンセスプリキュアさんは第47話。 ミス・シャムール先生のプリンセスレッスンも、だいたい終わり。 4人のうち誰がグランプリンセスになるのか、バトルロワイヤルも近いか(ねえよ 「急いで花の城に来てくれ!」 そう訴え...
タイトル : Go!プリンセスプリキュア第47話「花のように・・・!つよくやさしく美しく!」の感想(ネタバレ注意)
 『Go!プリンセスプリキュア(公式サイト@朝日放送/公式サイト@東映)』第47話「花のように・・・!つよくやさしく美しく!」の感想です。
Tracked from あおいろ部屋 at 2016-01-13 15:14
タイトル : Go!プリンセスプリキュア第47話感想&考察
はるか、リアルプリンセスに? Go!プリンセスプリキュア第47話 『花のように…!つよくやさしく美しく!』 の感想です。
Tracked from ぬる~くまったりと at 2016-01-13 15:33
タイトル : Go!プリンセスプリキュア テレ朝(1/10)#47
第47話 花のように・・・!つよくやさしく美しく! アフタヌーンティーの入れ方も免許皆伝の腕前のはるか。それでも練習は怠らない、美味しいと皆にも評判だった。カナタから花の城の様子がおかしいと告げられる。ホープキングダムの花のお城の茨が解けていた。 はるかに小鳥の囁きが聞こえる。一人で追いかけるはるか、花のお城に入り込んで囚われてしまう。そこははるかが夢見たプリンセスの世界だった。居心地の良い...
Tracked from blog mr at 2016-01-14 23:42
タイトル : Go! プリンセスプリキュア「花のように…! 強く優しく美しく!」
 夢の世界で、ベッドに倒れ込んだはるはるに谷間があってドキドキした。  花の生育で異常に気付く、花のプリキュア。上手い、というか、正攻法。 「花はこんな風に咲いた?」  いいな、この台詞。芝居もいい。  まぁ、例によって敵方の詰めが甘い、と思うが。 「例によって」と言えば、エピソード主役以外は全員掴まってしまう、という展開も。 「サクラ・トルビュランス」を出さなきゃいけなかったんだろうけ...