2015年 12月 14日
マコトの妹カノンを助けたいと思うタケル。
しかし、それではタケルが蘇れなくなるのではないかと心配するアカリ。
マコトもタケルもアカリも、大切な人の事を心配して行動して、それがぶつかり合う。
この辺が「切なさ」の構造になっているのかもしれない。

ゴーストとスペクターの元に現れたのはジャベルさん。
この人もまた誰かの忠義の為に動いている様子で、自分の妹の為に眼魂を使おうとしているマコトを粛正しようと、自己愛を否定する男。

ジャベルさんの変身形態がヒーローラインになっていて、島本先生これは…とやや困惑した気持ち。ただ邪悪な悪役ともまた違うキャラだしなぁ。

そんな中、西園寺さんは15個の英雄眼魂を回収し、モノリスの元に。
あーん、タケルもカノンも復活せぇへんのぉーという所で次回へ。

マコト兄ちゃんがカノンの事が係っているとはいえ全然ハナシを聞かないタイプなので、ちょっと(かなり?)面倒くさい感じに。
物分かりがいい人だとすぐ仲良くなってしまうだろうし、でも無理に引っ張ている感もややあって、そのジレンマ…。
まぁ平成1期はこういうタイプの人ばっかりだったなぁと思いだしたり…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2015-12-17 23:02
タイトル : 仮面ライダー ゴースト「集結! 15の眼魂!」
 映画が結構面白かったんで、もうちょっと身を入れて見ることにする。  タケルとマコトが仲良くなってたから、先週、和解してたのかと思ったらまだだった。もしそうなら戻って見ようかと思ったんだが、その必要はなさそう。  マコト兄ちゃん、選べ、って言うけど、選べないよねぇ。  スタッフの意図がどの辺にあるのかはもうちょっと見ないとわからんか。  渋谷のことはハグしてあげないんだw  利用されただ...