2015年 12月 07日
萬月に敗北してからその事を気にするあまりスランプに陥っている霞。
それを本人には悟られまいと風花たちは霞の前で縁起の悪い言葉を封印して接している。
そんな折、妖怪ビンボウガミが一足早くサンタクロースの格好で街へ繰り出し、道行く人に貧しくなる指輪を与えて恐れを集めていた。

いつもなら役に立つ霞の発明品も今回は役に立たず、しかしそのスランプを隠し通そうとする風花たち。
結局、天晴の一言で霞はスランプを吹っ切り、科学と魔法のマリアージュによって発明品を完成…というかパワーアップさせることに。
自分の気持ちを正直に表に出せば、もう少し天晴の域に近づくことが出来るかもしれないと感じる霞たちでした。

霞が自分の気持ちを表に出さない事、風花たちがスランプに気付かない振りをする事、キンジが密かに九衛門を追っていた事。
天晴以外の面々は隠し事しているが、今回はそれを明らかにする。
これまた分かり易く「忍ばない」テーマが如実に出ているお話。

霞の発明をチョロまかした萬月は、それを九衛門に使用。
実は牙鬼軍団の者ではないという九衛門の正体如何に…と面白いところで引く。
もしかしたら味方になるかなーみたいな淡い期待もあったのですが…うーむ、どうなるか。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 乳苺 URL at 2015-12-08 10:26 #- Edit
Title :
妖怪ビンボウガミの指輪のせいで服がボロっちくなってく過程に於いて、まずはエキストラの男のTKBが出たので、おっ、これはこれは…と、いやがうえにも期待が高まったのでしたが、いかんせん、女のTKBは出なくて、なぜだ?なぜなんだ?やる気あんのかニンニンジャー?…( ゚Д゚)、と、おもわずチッと舌打ちしてしまいましたが、TJ様はいかがだったでしょうか?(´・ω・`)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2015-12-14 21:12 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>乳苺さん
貧しくともお胸を守る布地は欠かさない、それが人間のルールなのでしょう…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :