2015年 11月 09日
妖怪オオカミオトコの姿となってしまったキンジ。
それは妖刀の力によってキンジの中に入った妖力が強化されたからだとか。
妖刀さえ無ければもう妖怪にはならないはずと、妖怪オボログルマと戦う天晴たちの助っ人へ向かうキンジ。
しかし妖刀は自らの意志でキンジの元へと現れ、再びキンジを妖怪にしようとする。

前回の引きからして非常にシリアスな流れだったのに、序盤の巨大戦ではシュリケンジンがペタンコにされて笑いを貪欲に狙ってくる姿勢はさすがニンニンジャーです。大事だよね。

キンジの孤独要素や悩みという面は、それこそオオカミオトコを倒した話の時に決着が着いている部分なので、またそれをぶり返すのかという気持ちもちょっとあったのですが、今回はキンジの精神葛藤の中でも一人でしっかり乗り越えているので、以前よりも強くなっているのだなという面が感じられて腑に落ちる。

恐れや迷いを振り切ることで、妖力から妖しが消えて力だけが残り、妖刀は超絶一番刀となってスターニンジャーをパワーアップさせた。
1話からずっと恐れや迷いは捨てよと言っていますしね、忍ぶのではなく暴れるのだと。

恐れや迷いこそが妖怪の「妖」なのだとすれば、九衛門はずっと恐れと迷いを持ち続けているというコトでもあるのだろうか。話として描くかどうかはともかくとして。
その表れが仮面なんだと思うけれど。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2015-11-11 22:36
タイトル : ニンニンジャー「キンジ、栄光のスーパースター!」
 前回の予告でスーパースターwになることはわかってるから安心して見てた。  晦って、歯のところにあるオレンジ色のあれが、角度によって光ることがあって、なかなか不気味。  今回のアクションも面白い。  シロとモモがジャンプじゃなくてロープ伝って降りて来てたけど、ロープがあったほうが忍者らしいよな、確かに。  変身するとき、凪が一番刀をくるくる回してる。全員での一斉変身も気迫が感じられる。 ...
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2015-11-13 20:27
タイトル : [スーパーヒーロータイム][ヲタ話]重いコンダラ試練の道を
 言うまでもない事だけど、正しくは「思いこんだら試練の道を」だからね。あの器具の名称もコンダラじゃなくて、手動式整地ローラー、あるいはグラウンドローラーだからね。 あと、上記した某OP映像のせいで、引っ張って使うものだと勘違いしてる人も多いけど、正しくは