2015年 11月 09日

素面変身!
戦隊の最終回でよくあるやつ!!


■超超絶プリンセス

カナタさんに「プリンセスになるな」と言われてひどく意気消沈してしまった春野さん。
そんな絶望を吸って成長した絶望の森が町に現れてさぁ大変。
町の人々はゼツボーグにされ、茨は町中に絡みつく。
海藤さんらがプリキュアさんとなって戦う中、春野さんだけは変身も出来ない。
夢の力を失ったからか…あるいはパフュームの電池切れか…。

プリンセスになるなと言われたカナタさんの言葉が重く圧し掛かる春野さん。今までだって夢をバカにされた事はありますでしょうに、今度ばかりは相当堪えている。

自分はプリンセスになってはいけないのか…?という自問の中で、そもそも何故プリンセスになろうと思ったのか…? という疑問が湧いて出る。
記憶の中で辿り着いた答えは「プリンセスが可愛かったから」と、それだけ。
強く優しく美しい者こそがプリンセス…という思いを抱く春野さんですが、夢の始まりにはそんな御大層な思いは何もなく、ただ「可愛かった」からだと。

ただそれだけの小さな夢です。
放っておけば別の可愛いモノへと目移りして、その芽は忘れられたかもしれない。
ですが、その夢は家族やカナタさん、周りの人達によって大事に育てられてきた。
それを大切にしようとする周りの人達の思いが意識的に働いて守られて大きく育ったのであり、春野さんの思い一つで勝手に育ったわけではないのです。
小さな種が芽を出し、大きくなるための水も栄養も、全て周りの人が与えてくれたモノなのです。

その育てられてきた夢があるから、春野さんはノーブル学園へとやって来て、また新しい人たちと出会い、育てられ、変わっていく。
夢は春野はるかという人間の一部分ではなく、全てなのだ。

春野さんにとって幼い日のカナタ王子の応援はとても大きいモノではああるけれど、春野はるかという夢を形成しているのはそれだけではないから、たとえカナタさんが否定しても、折れずに耐えられる。それだけ多くの人の支えがある。
基礎工事がしっかりしてるのだ(ぇ)。

みんなに支えられているとは前回のバトル時にも春野さんは言及している事なので、同じ事言うてるだけやーといえばそうなんですけども。
これまでが“みんなに支えられているおかげで絶望しないで済んでいる”コトを描いていたとするなら、今回は“絶望してしまっても、みんなの支えがあるおかげで復活できる”コトを描いているのでしょうかね。

カナタ王子は幸福の王子よろしく一人でみんなの為に尽力して疲弊してしまったので、春野さんの場合は、今まで春野さんが助けて来た周りの人達のフィードバックによって復活する事は分かっておりましたが、それが割と春野さんの独力で辿り着いたというのは結構驚きました。
ある程度のきっかけは周囲の人間が与えてくれるのかなーと思っていたので、きっかけも発見も全て自分の中で行って、しかしやはり周りの家族や仲間のおかげであるという結論に至る様には、お前…そこまで強くなっていたのか…!? という驚きを率直に感じました。
まぁ、もう終盤だもんね…。

しかし、この流れが今週のニンニンジャーとほぼ同じだっていう…相変わらず妙なシンクロ。

一人で気付くという自己解決の描写は、ともすれば観念的・イメージの世界に陥りやすい部分かと思われるので、あまり望ましいモノとはボクは捉えておりません。
例えば七瀬さんやらカナタさんやらがやって来てその会話の中で気付く、という方が関係性の描写としてはよりオーソドックス、分かり易いのではないか…とも思う。

ですが前回のお話では“夢を追っていけば一人になる”という孤独の中で絶望してしまった様が描かれていて、それを受けた今回は“一人の孤独の中で絶望してしまった時の対処法”を描こうとしているお話。
だので、“ひとりであっても家族や仲間の思いに気付ける”かを描かなければいけなかった、という意味でこれ以外の回答は無かったのだろうなぁと思い至ります。


■うた…うた…

絶望しても再び蘇れる様を体現し、カナタさんに新しい夢が生まれて記憶も取り戻す。
新しいドレスアップキーの力で、ロイヤルな、おそらく最終必殺技も発動いたしました。

大変気合の入った絵作りで、熱気をビシビシと感じるお話でありました。春野さんの気付きや復活も非常に熱い。

ですが…惜しむらくは…歌わない…ことです。
最終必殺技なのに…歌わないのです…。
何故歌わないのか本当に意味が分かりません…。
最終技では歌うのがプリキュアさんの伝統では無かったのか…。
惜しい…惜しい事です…。

次回はトワさんの面白回か…。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from のらりんすけっち at 2015-11-09 05:46
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第39話「夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!」
Aパートで絶望どん底、Bパートで奇跡の大復活。 自分の力で立ち上がったはるはる偉い! イケイケ押せ押せのクローズさん、顔芸も絶好調で攻める攻める。 シャットはんもいたんですよ、実は^^; 敵ながら完璧に近い作戦遂行、歴代でもかなり追い込んだ方でしたが。 Aパート終了時点ではプリキュアに勝ち目なかったんだけどなあ。 カナタへの余計な一言でクローズさん逆転パターンにハマっ...
Tracked from 四十路男の失敗日記 at 2015-11-09 07:56
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第39話 夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!
二週間ぶりにごきげんよう。 これが、普通に放送があったら「え、もう復活するの?」という感じなのでしょうけど、一週置いたのが良かったですね。 クローズさんの「夢はお前を追い詰める」という科白が印象的です。 夢なんか見るから絶望するんだよ。 絶望したことで、...
Tracked from Msk-Mtnのブログ at 2015-11-09 10:19
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第39話感想
 「Go!プリンセスプリキュア」第39話「夢の花ひらく時! 舞え、復活のプリンセス!」の感想です。
Tracked from MAGI☆の日記 at 2015-11-09 11:00
タイトル : Go!プリンセスプリキュア 第39話「夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!」
Go!プリンセスプリキュアの第39話を見ました。 第39話 夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス! クローズははるかの絶望を利用して生み出した"絶望の森"で、夢が浜の街を覆ってしまい、みなみ、きらら、トワがプリキュアに変身して大量発生したゼツボーグに立ち向かう。 カナタからの一言にショックを受け、絶望してしまったはるかは現場に駆けつけるも、プリキュアに変身できなくなっ...
タイトル : Go!プリンセスプリキュア第39話「夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!」の感想(ネタバレ注意)
 『Go!プリンセスプリキュア(公式サイト@朝日放送/公式サイト@東映)』第39話「夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!」の感想です。
Tracked from あおいろ部屋 at 2015-11-11 02:21
タイトル : Go!プリンセスプリキュア第39話感想&考察
はるかが絶望してしまい、一時は本当 どうなることかと思いましたぜ…! Go!プリンセスプリキュア第39話 『夢の花ひらく時!舞え、復活のプリンセス!』 の感想です。
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2015-11-13 20:36
タイトル : [ヲタ話][Go!プリンセスプリキュア]未だかつて、これほどまでに熱い女児向けアニメがあっただろうかッッ!!
 というわけで、前振りなしの「Go!プリンセスプリキュア」第39話。 イヤ、イヤイヤイヤイヤ。熱すぎるだろ、この展開。マジでテレビの前で鳥肌立ったわ。 正直、今回のエピをどう決着つけるかで、本作の最終的な評価が決定すると思ってたけど、これは想像以上だよ。
Tracked from blog mr at 2015-11-13 22:47
タイトル : Go! プリンセスプリキュア「夢の花ひらく時! 舞え、復活のプリンセス!」
 おぉ、かっこいい変身シーケンス。最終回みたい。  フローラの髪のデザインって実は大人っぽいんだね。  夢は君の全部。ある意味、プリキュアの全てを表現しているセリフ。  戦闘シーンで、ロッドが消えるのも貸すのもかっこいい。  そして、新たな夢を得たカナタが復活。ビッグワンのようだな。バトンも持ってるし。  dreaming/blooming の対比も面白い。  細かいことを言えば、前...