2015年 10月 19日
ニンニンジャーの前に現れたのは戸隠れ流忍者・磁雷也(ジライヤ)。
かつて世界忍者戦でその名を轟かせた忍者であるという。
正直そんなにはっきりとは覚えていない作品なのですが、覚えていないながらも面白く仕上がっていた一編と感じました。

今週の忍者…じゃなくて妖怪はコナキジジイ。やっと妖怪に戻って来た。
若者にお年寄りを無理矢理背負わせるという謎の嫌がらせを得意とする妖怪です。
若者一人でお年寄りを何人も背負うという…高齢化社会を描いた新聞の風刺漫画でよく見かけるあれを映像化した社会派妖怪。

天晴はジライヤさんを背中に背負って戦わなければいけない羽目に。
しかしジライヤさん、人の上で指示を出すのが意外と上手であるとの事。これまで現場主義に基づいて忍者協会の会長職を忌避していたジライヤさんですが、この事から若い忍者が現場で暴れられる為、自分が上に立つ者として環境整備をしっかりしようと心に決めたのでした。
「人の上から」をそういう描写で描いた事には笑わせて頂きました。

コナキジジイは若者を上から潰して苦しめようとするのに対し、ジライヤさんは若者を上からしっかりリードして支えようとする。
「ジライヤ」は確か忍者の家系に生まれた主人公が父親から忍者を継承する始まりだったかと思いますが、そのジライヤさんが今度は若者を引っ張っていく存在になったというアフターストーリー。
継承は「ニンニンジャー」自体のテーマでもあるから、非常にしっくりと来るお話だったように見える。

ジライヤOP映像のオマージュもたっぷりと盛り込んで、知らないながらも楽しいお話でした。
しかし、まさか21世紀にジライヤのレジェンド回があるとはお釈迦様でも見抜けまい…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2015-10-20 08:49
タイトル : 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの34「伝説の世界忍者、ジライヤ参上!」
手裏剣戦隊ニンニンジャーの第34話を見ました。 忍びの34 伝説の世界忍者、ジライヤ参上! 「何が行楽の秋じゃ!秋と言えばアンチエイジングの秋じゃろが!浮かれたカップル共、恐れの力を寄越せ!」 ヒャッカラゲ達と戦う天晴達の前に戸隠流を名乗る忍者・ジライヤこと山地闘破が現れ、天晴達を十六夜流の悪の忍者と間違え、挑んできていた。 「何か誤解がありそうだね…」 「とりあえ...
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2015-10-21 07:30
タイトル : 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの34 「伝説の世界忍者、ジライヤ参上!」
nationwise(ござる系の人)@gozaru_humanジライヤ待機。#ninninger2015/10/18 07:29:55 nationwise(ござる系の人)@gozaru_humanゲキアツダイオーに変わった。#ninninger2015/10/18 07:30:39 nationwise(ござる系の人 ...
Tracked from blog mr at 2015-10-21 08:20
タイトル : ニンニンジャー「伝説の世界忍者、ジライヤ参上!」
「有明」と「唐揚」は遠いw  彼女の侵略活動って、スキンケアなのね。  特別出演の Yoshi Sudarso.  誰? と思って調べてみたけど日本語の情報が少なくて驚いた。パワーレンジャーってやっぱり日本ではマイナーなの?  闘破と天晴がトラックの上を跳ねるカットが上手いと思った。  若者一人では老人二人を支えきれない。思わぬところで政治ネタが。  磁雷矢が年寄り扱いになってるが、霞...