2015年 10月 09日
本日放送は「アッパレ! のび殿さま」「秋の虫のリサイタル」でした。

「アッパレ!~」は、殿様に憧れたのび太が“家来セット”で殿様になった気分を味わう一編。
どんなわがままでも家来が聞いてくれると思い、家来ロボットに命令を与える殿様のび太。
ジュースを運ばせたり、大名行列で移動したり、失態を犯した家来はすぐ切腹しようとしたり、毒見係のおかげで自分が食べるお菓子が減ってしまったり。
どこかで無理難題に怒った家来がクーデターを起こすのではとも思いましたが、ロボットらしく最後まで忠義を尽くす家来でした。意に沿うか沿わぬかは別として。
しかし、結局自分でジュース持ってきた方がてっとり早いし、自分で歩いた方が速いのだよなぁ…と殿様も大変なのだ。

「秋の虫~」は、空き地で鳴く虫の音を“吸音機”で吸い取ったモノを、のび太が飲んでしまって大変! と続くお話。
のび太から虫の音がするだけで十分にオチているのではと思いましたが、そこからちょっと良い話に持って行くのがナチュラルなハンドリングで上手いなぁと感じました。
おじいさんが風流を風流と楽しめない人間が多くて哀しがっているので、再度虫の音を復活させる…のはまぁ良しとして、コオロギを巨大化させるまで行くのはどう見ても風流の概念にマッチしないのが実にいい。本来の目的を軽く見失っているのがドラえもんらしいです。どう見ても巨大コオロギはホラー。共食いとかするからなぁ…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :