FC2ブログ
2006年 10月 01日

実は、ホントに描きたかったのは左下の方だったりする…

ん~… 不思議なモンです。

基本的に、ボクは衝動的に映画を観るということは無くて。
観る映画は数ヶ月前から決めて、チラシ集めて、前売り券買って、満を持して観に行くんです。
当日券で観た映画って、凄く少ないんですよね。値段、高いし。

そんな中、まんまと当日券で観てしまいました「時をかける少女」。

至る所で、絶賛の嵐。
悪い評判を何一つ聞きません。
なるほど、そうなると結構面白いんだろうなぁ~ぐらいには思っていたけれど、DVDかWOWOWでいいや、ぐらいのテンションなんですよね…
だけど、よく行くブログ様なんかで、切々と面白いぞ~面白いぞ~と書かれているのを見ると、凄く静かに観たい衝動が湧いてくるんですよ。

けど、上映館数少ないし~近所でやるなら考えよ――と思っていたら、近所で上映をし始めたり。
さらに、ブログのコメントで「時間モノ・藤子ファンなら是非とも」というお言葉を頂きました。

「時間モノ・藤子ファンなら…」
藤子ファンなら、だとぉぉ―――!!! うああ――(ハルク化)
この単語を使われた日には、オレに真っ向勝負しろと、そういう事か、ええ?
それまでの「観たい度」は55ぐらいでしたが、このお言葉で75にまで跳ね上がりました。
スゲー、単純。

しかも、調べてみると、その近所の映画館も数日で上映終了!
さらに、何故かその日は500円引きの日!
うわ~、なんか追い込まれてるよ追い込まれてるよ… ホントに観なきゃいけないのか…

でも、例え今日安くても、上映時間との兼ね合いがあります。
見ると、あと50分で今日の最終上映回です。
……映画館まで原付でおよそ20分。
ヤベー! 間に合っちまう!! 観ないという理由付けの材料が確実に消されていく!!
どーするどーする…と10分ほど、考え――

だぁー!行くよ行きゃイイんだろ!と遂に決意(?)しました。


その吉祥寺バウスシアターって映画館は、単館系の映画や、昔の映画、流行りの映画を館主のセレクトで上映しているトコのようで。今の時代、こういう自由な興行をしている映画館は少ないので、非常に貴重な存在です。
1番劇場は、どうやら元々は映画館ではなく、小さな劇場を改造して作った映画館のようです。キャットウォークみたいのがありましたし、音響が備え付けではありませんでした。
いやぁ、久し振りだな~こんな整備されていない音響で観るのって。


映画は野球をする真琴の姿から始まります。
ココで、素朴に感じたんですけど。
アニメ映画にしては、ずいぶんと人物の画の密度が薄くない?って。
人物画に、暗部もハイライトもほとんど無いんですよ。色がノペッとしてるんですよ。
フツー、アニメ映画ではテレビよりも密度が濃くなってるもんだと思っていたので、おや?と思ってしまいました。
予算の問題か? なんて思っちまいましたが、背景がアレだけ作り込まれているコトとの対比なんでしょうか?人物がよりアクティブに見えるようにあえてシンプルにしているとか? ま、最初こそ気になったけど、すぐに忘れましたけどね、ンなコトは。


この映画、確かに面白かった…!

文句も思い浮かびません… て、書くとパーフェクトみたいに読めちゃうけど、すごくシンプルなお話だから、飾ってないし、ホントに真っ直ぐってコトなんですよ。パーフェクトと言うのとは違うような。

しかし、レビューを書く身としては難しいな。
何がどう面白かった、て書き辛いです。少なくともボクにはその力が無い。
つまりね、ん~… 全体的に面白かったんです! 
「ときをかけるしょうじょ」をみました。おもしろかったです。

――て、小学生の感想文じゃないんだけどさ… え? 普通の小学生はもそっとマシな感想文? だってオレの小学校の読書感想文と言えば、9割あらすじ書いて、残り1割は出版社名と値段を書いて、一口感想を書くだけとゆー、明らかに読書感想文を勘違いしている小学生でしたよ。みんな、そうでしょ?

ん~… いや、面白かった部分を一つ一つ書けと言われりゃ、書けますよ。
・時をかけた後に、必ず頭をぶつけるトコとか、
・タイムリープでまんまと生活を楽しむ真琴とか。
・告白されたくないなら、何度も自転車の後ろに乗るな! とか。
・( ゜Д゜)ハァ? とか。
――ほら、キリが無い。


「時をかける少女」といえば、数々映像化さている小説ですが、ボクは原作読んだことも無ければ、大林版以外の映像作品を観たことないです。ホントは内田有紀版とか観たいんですよ、脚本・君塚良一ですよ!どこのツタヤにあるんすか!

そんな唯一観たことある大林版「時をかける少女」ですが。
…ん~… そんな… すごく… 面白かった記憶は無い…
だってだって、こっちは「時をかける少女」というタイトルから来る、SF的ジュブナイル的なモノを観たかったんだのに、映画始まって数十分… 全然時かけねえー!!!
やっと時をかけたと思ったら、映画も半分終わってたんだもんなぁ。
ま、冷静に考えると、あの映画はSFとかジュブナイルとかじゃなくて、原田知世を観る為の映画だったんだな、と気付きましたけどね。少なくともレーザーディスク観ている間は気付かなかった。

それと比べたらコチラは、まぁ~時をかける、かける!
これだよ、オレが観たかった「時かけ」はぁ!!
受動的に身を任せるがままの大林版ヒロインとは違い、タイムリープをとことん能動的に、アクティブに使いまくるヒロインが、すごく気持ちイイです!爽快っす!鉄板焼き食いたいが為にタイムリープだなんて!
「サマータイムマシーン」並に何度も何度も時間移動してまして、テンポもイイし、頭ぶつけるし。
三叉路で何度も何度も頭ぶつけてたのは、流石に頭蓋骨割れるんじゃないかと思ったけど…

そういや、タイムリープ時の作画線は黒じゃなくて赤っぽかった。
これか、細田監督がデジモン映画でやったとゆーテクニックは。


えと~、コメントで頂いた「藤子ファンなら」というお言葉が、気になってるんですが…
いえね、これは「藤子テイスト溢れてますよ」という意味なのか、はたまた「劇中に藤子作品へのオマージュがありますよ」という意味なのか。
そのコメントがどちらの意図であったのかは計り兼ねますが、実際に映画を観てみると、前者だけでなく、なんと後者の方の意味も実際に存在しましたよ!

前者のFテイストてのは、SF的だったり、真琴のタイムリープ活用法がのび太チックだったり、因果応報があったりとか、全体から感じるのではありますが。SFとジュブナイルを一緒にすれば、否応無しに幾ばくかの藤子テイストが出るのは当然だので、まぁそれは予想通りというかね。

しかしね。あったんだよ、「ドラえもん」への物理的オマージュが。
真琴が初めてタイムリープする件で、買い物途中の太ったオバサンと接触しそうになり――

「目がなんで前に付いてるか知ってるかいッ! 前を見て歩く為だよ!」

――と、怒鳴っていたのを憶えてますか?
これは、かの有名な「ジ~ンと感動する話(てんコミ9巻)」で、先生がのび太に言った、感動的なお言葉、そのままではないですか!!!

え? ただの偶然?
ちょ、ちょっと待って下さいよ。だって、普通に考えたらこの時オバサンが言う台詞は
「どこに目ぇ付けてるんだい!」
的なコトの方がむしろ相応しいじゃないですか。
それをわざわざ微妙に説教じみた台詞にしているなんて、これはやはりオマージュと考えるべきです。てゆーか、そうだ、そうに決まっている!


この映画、リピーターが多いという話も聞きますね。
確かにね、また観てもイイなぁ… て思っちゃうんですよね。
何なんでしょ…? あれがこーで、あそこがとびきりスゴイから面白いんだ! て映画じゃなくて、んん~… これ「響鬼」の時にもちょっと感じたんだけど… 説明しづらい…てか、オレのボキャブラリーの欠如でしかないのだろうが。
レビューとして、すごく卑怯な言葉ですけど… 空気? てコトかしらね…

ただ、間違い無く人に勧められる映画であることは言い切れます。
何故なら、この映画には好き嫌いが無い! …と、思うから。
誰もが素朴に楽しめるし、はたまた玄人的にも語りがいがありそうですし、たぶん。


とりあえずボクはその日、お風呂に入って数字が身体に書いてないか探しましたけど、何か?
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ミチ URL at 2006-10-05 20:26 #0eCMEFRs Edit
Title : TBありがとうございました
こんにちは♪
イラストがとってもお上手ですね!!
特に左下の絵が気に入りました☆
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2006-10-05 22:10 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◇コメント、ありがとござーます!◇
>ミチさん
カラオケBOXと三叉路での、ゴロゴロゴロ!がどんどんテンポ好くなって来るのが、ボクは楽しくて仕方ありませんでしたモンで。
そして、必ず頭をぶつける約束(?)も。
Commented by パピのママ URL at 2006-10-06 11:29 #- Edit
Title : TB有難うございました!
イラスト~凄いですね!、暫く見とれていました。
映画を見に行くまで大変だった様子、手に取るように分かりました。
私はおばさんなので、オリジナル「時をかける少女」を映画館で観ていました。そのアニメ版ということで、余り期待せずに観に行ったのが良かったようで、新鮮で内容も違っており、男ぽい真琴が良いですね。ひざっこぞうに擦り傷作りながら、ジャンプ~手首の数字が消えていくのが悲しいですね。
Commented by まり URL at 2006-10-06 21:04 #- Edit
Title : TBありがとうございます。
こんにちは。TBありがとうございました。

> ……映画館まで原付でおよそ20分。
> ヤベー! 間に合っちまう!! 観ないという理由付> けの材料が確実に消されていく!!

これ、よくわかります。(^_^;)
私も「~しない」という理由付けを、よく探しています。
でも、そういうことに限って、面倒である理由は確実に消えていくんですよね。
最初から観念して「~する」としちゃえば悩まないで済むのにって、いつも思ってしまいます。(^_^;)
Commented by 大阪歩 URL at 2006-10-07 01:04 #- Edit
Title : 観られて良かった、良かった
ギリギリでも観られて良かったですねー。

で私が藤子ファンなら・・と書いたのはご推察の通りタイムマシン=「ドラえもん」は勿論そうなのですが頭に「エスパー魔美」の日常の描写、デティルの優しさや「未来の想い出」なんかの繰り返す歴史の改変なんかが頭にあったから・・です。
でもおっしゃるとおりジュブナイルは多かれ少なかれそうなのかもしれませんね。
しかし・・魔美のお気楽・能天気さ加減なんかちょっと似てません?その「鈍さ」を含めて。

うーん、でもオマージュの台詞を見つけたのは凄いです、というか改めて感動。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2006-10-07 12:22 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメント、ありがとござーます!◆
>パピのママ さん
アクティブなヒロイン像がとても現代的でキモチ好かったですよね。
細田監督によると、原作はSF要素が濃くて、大林版は恋愛要素が濃くて、細田版は青春要素が濃い、との事ですのでそれぞれに住み分けが出来てるとゆーのも、原作の懐の大きさなんでしょうかね。大林版は映画本編よりも主題歌の方が脳に残ってますけど。何故、ラストのスタッフロールで原田知世が唄ってたんだろって…?

>まり さん
根がネガティブなんです。だから衝動的な行動は普段起こさないのですが、よく考えたら映画一本如きで何を真面目に考えとんじゃオレはー!と。
今回に関して言えば、ことごとく外堀を埋められ、これはもう神様が行けと言ってるんだと、無神論者に行けと言っとるんだと思って観念しましたね。

>大阪歩 さん
まんまと挑発に乗って、当日券+パンフで2000円もかかっちゃったじゃない、どうしてくれるのよ!(責任転嫁)
…ま、確かに元は取りましたけどね。
≫「エスパー魔美」の日常の描写――
てことはアレですね、アニメ版ですね。確かにあのアニメ版の日常描写はリアルでした、うんうん。
魔美と比べると真琴の方は、能力の使い道が自分の欲望により忠実で場当たり的なので、やっぱのび太チックな気がしますけどね。

ん~…Fフリークなブログ様でこの映画を観た方々を発見したんですが、台詞に対する言及が無くて、オレの勘違いなのか… と、ちょっと思えて来てるんですよね… い、いや!でもきっとオマージュだ、そうに違いない、違いないんだ!うん!(と、自己暗示…)
Commented by 大阪歩 URL at 2006-10-08 03:23 #- Edit
Title : わー、映画薦めてゴメンナサイ。
それはそれは・・ごめんねー v(^^)v
そういえば作家の乙一があの真琴の泣き方を「のび太泣き」と表現していたそうですね。

青い空が印象的なこの映画、強引にこじつけるならタケコプターで飛んでるような空とでもいいましょうか・・。

さて、映画のコミカライズの「時をかける少女」(琴音らんまるVer)はご覧になったでしょうか?
映画とは違うラストなのでちょっと覗いてみてください・・。


Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2006-10-08 16:07 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメント、あぃざぁーす(発音適当)◆
>大阪さん
「のび太泣き」は見事な表現だと思いましたね、乙一さんの。

確かに疾走感に飛翔感を味わえる映画です。
あ、でもね。
飛翔感だけなら「のび恐2006」の方がスゴイですよ。
観た人ならば、タケコプターのシーンで皆自分も飛んでいるかのように味わった筈です。
もし観てなかったら、既にレンタルしてますんで機会があればどうぞ。

で、今ちょこっとネットで最初の方だけ立ち読みました、琴音らんまるコミック。(便利な時代だなぁ…)
結構、展開も絵も映画に忠実ですね、ってチョイとしか読んでないけど。
いつか、BOOKOFFで読みます。(買わねんだ…)
Commented by miyukichi URL at 2007-07-23 22:33 #ubwH2qN2 Edit
Title :
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 主人公、時をかけまくってましたね(笑)

 藤子不二雄先生へのオマージュだったとは、思いもしてませんでした^^;;
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2007-07-23 22:45 #ZAYoVZVs Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!!!◆
>miyukichiさん
こちらこそ、TBありがとうございました。
今更のようにこんな記事に何件かTBされているんですよ。さすがテレビ放映の力です。

あの~藤子先生のオマージュはボクの妄想がかーなーりー入っているので、本気になさらないのが最適です。無理くり藤子Fフィルターを通して見たからこそ出来た妄想なのです。
テレビで二回目を見て、やはり自分の妄想が強かったと再認識しちゃいましたし。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from Old Dancer's BLOG at 2006-10-01 23:58
タイトル : 時をかける少女
 かみやんのとこで熱の入ったレビューを読んで、これは見ておかなきゃいかんのじゃないかな~と思っていました。でも、調べてみたら、メチャメチャ上映館少ないんですよ。北海道ではわずか一館、サッポロファクトリーに
Tracked from ないとうの気ままな(?)日常 at 2006-10-02 00:17
タイトル : 「トキカケ」見ました
というわけで、「時をかける少女」の劇場アニメを見てきました。とりあえず、関連している本を並べてみます。本来なら、映画のパンフレットも一緒にしたかったんですが、完売していたため手に入れられませんでした。さて、視聴した第一印象は…真琴ちゃん可愛いーの一言に表
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2006-10-02 10:44
タイトル : 時をかける少女<試写会>
試写会に行ってきました。<中野 ZOROホール>待ってられない未来がある。制作会社:マッドハウス監督:細田守原作:筒井康隆脚本:奥寺佐渡子キャラクターデザイン:貞本義行美術監督:山本二三音楽:吉田潔NHKの少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」や、原田知
タイトル : 【劇場鑑賞93】時をかける少女
17才、戻ることのできない夏。待ってられない未来がある。
Tracked from 日々の記録 on fc2 at 2006-10-05 19:00
タイトル : 時をかける少女
細田守さんが監督されると聞いて気になっていたのですが、ようやく観に行くことができました。単なるリメイクではなく、現代版「時をかける少女」になっているのには驚きました。(以下、ネタバレがありますのでご注意く
Tracked from 欧風 at 2006-10-05 19:50
タイトル : 時をかける少女
土曜、八戸フォーラムでの3本ハシゴ鑑賞ですが、1本目の「フラガール」で泣きまくってしまったために、顔を洗って出直し、2本目に観たのが、この「時をかける少女」。時をかける少女といえば、やはり原田知世でしょうか。超有名ですよね。時をかけない原田知世なんて、ク
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-10-05 20:24
タイトル : 映画「時をかける少女」
映画館にて「時をかける少女」筒井康隆の名作「時をかける少女」を、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。高校2年生の紺野真琴は自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。真琴は女の子ながらクラスメイトの功介や転校生の千昭とつるんでキャッチボ
Tracked from 映画雑記・COLOR of CINEMA at 2006-10-05 20:31
タイトル : 細田守監督の「時をかける少女」
まるで映画自体がタイムリープ(時間跳躍)しているかのように、時代の空気を取り込みながら過去6回実写映画化されてきた筒井康隆原作「時をかける少女」。一番有名なのは1983年・原田知世主演で映画化された大
Tracked from 新米小僧の見習日記 at 2006-10-05 20:51
タイトル : 『時をかける少女』 (2006年 制作:マッドハウス)
(ややネタバレ有りです。未見の方はご注意ください) 昨日観に行ってきました。『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』「どれみと魔女をやめた魔女」などなど。数多くの傑作を世に送り出している、細田守さんの新作です。 平日の午後ということもあって、館
タイトル : アニメ映画「時をかける少女」あなたも青春時代にタイムリープしてしまう。
行って来ましたよ、この夏評価ナンバーワンの話題作、時をかける少女この映画のように都会の青空の下ですよ、テアトル梅田という小さな映画館(まだまだ満席)での限定上映に、朝眠気まなこで観てきました(笑)
Tracked from 海から始まる!? at 2006-10-06 01:19
タイトル : 2006年の夏映画のベスト!『時をかける少女』
 いや~、スゴい! 私が観た回に関して言えば、上映時間を10分も遅らせるほどの客入りで、映画館は入場客でごった返し、この作品の評判&人気の高さを伺わせました。 舞台挨拶か何かがあるのかと思ったら全然そんなことはなくて普通の上映回で、係員には立ち見になるかも
タイトル : 「時をかける少女(2006/アニメ映画)」レビュー
「時をかける少女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年/アニメ映画 *主なキャラクター(声優):紺野真琴(仲里依紗)、間宮千昭(石田卓也)、津田功介(板倉光隆)、芳山和子(原沙知絵)、藤谷果穂(谷村美月)、早川友梨(垣内彩未)、紺野
Tracked from 5125年映画の旅 at 2006-10-06 06:52
タイトル : 時をかける少女
跳ぶ!17歳の女子高生が跳ぶ!アニメ版『時をかける少女』の主人公紺野真琴は、時間を飛び越える時、自らも跳ぶ!その時の開放感、美しさ、力強さ、そしてその後の頭突き(笑)。この一連のシーンに作品の『色』が詰まっています。この映画は「真っ直ぐに突き抜ける」そ.
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ at 2006-10-06 11:30
タイトル : 時をかける少女
監督は2005年春の劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた気鋭の監督、細田守。芸術家の村上隆とのコラボレートにより、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの店舗で上映された短編『SUPERFLAT MONOGRAM』や、六本木ヒルズのコマーシャルも.
タイトル : ★時をかける少女(アニメーション)@テアトル新宿:8/4(金)
よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲
Tracked from 勝弘ブログ at 2006-10-07 20:56
タイトル : 時をかける少女 アニメ2006年
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/予告動画シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2006-10-07 21:43
タイトル : 『時をかける少女』
むかしむかし、ずーっと昔。すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。(深まった年がバレますが…)毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッ
Tracked from わかりやすさとストーリー at 2006-10-17 16:11
タイトル : 劇場版アニメ「時をかける少女」
●いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品●これなら評判がいいのもごもっともだ。
Tracked from よしなしごと at 2006-10-22 01:42
タイトル : やっと「時をかける少女」見てきました
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。
Tracked from Production Rif-Raf at 2007-03-15 06:52
タイトル : 映画レビュー#45「時をかける少女」
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田卓也
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-05-13 14:58
タイトル : 時をかける少女(細田守監督)
「日本以外全部沈没 」のレビューでも書きましたが私は筒井康隆氏の作品のファンです。でも実は大林宣彦監督の「時をかける少女」はあまり好きではありません。このアニメ版「時をかける少女」は評判いいですね。映画館に観に行こうと何度かトライしたのですが満員でいつ
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-05-17 22:46
タイトル : 時をかける少女-(映画:2007年57本目)-
監督:細田守声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、原沙知絵評価:83点公式サイトあれはあれでよかったけど、これはこれでいいなあ。エンディングはお決まりの別れだけど、チアキの最後のセリフがゾっとするくらいかっこよかった....
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2007-07-22 20:44
タイトル : 時をかける少女&おお振り&受験の神様
おお振りはで三橋が塁に挟まれて花井ホームインで判定を待って受験の神様は姿勢から始まって徹夜で授業と神様は厳しい事をするし時をかける少女は原作や実写を見た事が無くてアニメを見たのだけど映像は綺麗し3人の関係などストーリーも良くて10点中8点だよ6時前
Tracked from miyukichin’mu*me*mo* at 2007-07-22 20:49
タイトル : 時をかける少女 [Movie]
 映画 「時をかける少女」(細田 守:監督) 時をかける少女 通常版角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 昨日TV放映されていたのを観ました♪ 去年公開されたアニメ映画で、 評判よかったのは耳にしていましたが、 うん、なかなかよかったです。 内容に
Tracked from Akira's VOICE at 2007-07-23 10:24
タイトル : 時をかける少女
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。
Tracked from 新・ぴゅあの部屋 at 2007-07-30 22:06
タイトル : アニメ:時をかける少女(★★★★★)
「時をかける少女」06年(★★★★★)昔、アイドルの映画で、こんなのがあったような?と思ったら、1983年、原田知世のでしたね。ふとしたことから、時を越える能力、タイムリープを持った少女、真琴。ドジで、活発で、愛嬌があって、好感が持てる...
Tracked from たーくん'sシネマカフェ at 2007-07-31 06:12
タイトル : 『時をかける少女』
佐野109シネマにて「時をかける少女」(アニメ)を鑑賞。昨年、好評だった邦画の上映。リピート割引なので映画館なのに(しかもシネコン!)、500円は嬉しい♪監督:細田守 原作:筒井康隆 声:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、谷村美月、垣内彩未、関戸優希、原沙知絵歌:奥..
タイトル : 時をかける少女
 土曜の夜は、フジテレビ系列の土曜プレミアムで「時をかける少女」を観ていた。私くらいの年代のものには、非常に懐かしい作品である。 筒井康孝の小説が原作なのだが、1972年にNHKで「タイムトラベラー」という題名で放映され、1983年には大林宣彦監督の尾道三部作の...
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-02-21 01:37
タイトル : 「時をかける少女(2006)」
今月は地味ーーーーに、ファンタジー特集してるので、この作品も選んでみました。 タイトルで思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作で原田知世が主演した実写映画。 しかし、筒井康隆の原作も読んではいないので、内容はほとんど覚えてないよ。