2015年 03月 03日
死んだと思われていたお爺ちゃんは実は生きていました(なぜ死んだと思われていたのかは不明)。
爺ちゃん曰く、ニンニンジャーとして高みを目指すのであれば、もっと忍タリティの鍛錬に臨まねばならない。
詳しくは分かりませんが、その忍タリティを磨くことで忍法もパワーアップしていくらしい。

イマジネーション、ブレイブ etc...戦隊シリーズではお馴染みの固有パワー、今年は“忍タリティ”でありますか。
1話が恐れを克服する話になっていたので、勇気…みたいなコトなのだろうか。ブレイブと被るかな?
まぁ毎年割とアバウトな意味付けで便利に使われる事が多いけれど。

今話では天晴と加藤クラウド八雲の対立が描かれる。
加藤クラウド八雲の方が忍法の技術としては先を行っているように見えましたが、どうも天晴に対して対抗心がとても強い模様。
何故対立してるのかがちょっと分かり辛い気がするんだが…。天晴が爺ちゃんに心酔している理由をもうちょっと説明してほしいかな。
八雲の方が天晴に嫉妬しているってのもちょっとよく分からない…。
まだ2話なので、そのうち分かるのかなーぐらいに思いながら見ているんですが…ずっとこんなコト書きながら見ていく可能性もあるかしら。

とりあえずアカとアオがお互いに意地を張り合う関係ってのを見せる話だったのかな?

本編はまだ掴みきれていないのですが、前回同様バトルに入るとグッと面白くなります。
いきなり相撲を取り始めたり(河童だし)、着地の点数が出たりと、色々とアイディアを盛り込んだ悪ふざけが楽しい。どちらかというと本編の話を切ってでもバトルを活かそうという空気があるような気さえしますが。

天晴とお父さんの口癖「かもしれない」。
何故それをそんなに推すのかなーと思っていたのですが、「可能性」や「未来」を示唆した意外と真面目なキーワードとして扱っているの…かもしれない。
かもしれないだけなので、違っていてもそれはそれでいいや。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by かしこま URL at 2015-03-04 09:50 #/wk8VA7. Edit
Title : こまけぇこたぁ~
まだ2話しかやってませんが、おそらくこのニンニンジャーという作品はバトルがメインなのかと。販促的に玩具メーカー的にそのほうがありがたいし、下手に物語性を追求して残念な作品となるよりもいいかなと。本編はテキトーにながして、視聴者も早送りで消化して(ぇ)、バトルになったら陽気に楽しんで、とりあえず毎話、敵を倒して封印の手裏剣を取り返していけば手裏剣はちょうど48枚あるそうなので48話で再封印完了、めでたし、めでたし、で終わる。(キリッ
えっと、次回は、あの犬が巨大ロボ胴体の台座にすわって操縦するんでしたっけ?(ネーヨ
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2015-03-06 19:26 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>かしこまさん
今のところ、そんな印象ありますね。
とにかくアクションを楽しめばいいのだと。勿論制作側はそこまで割り切っているワケではないでしょうが。
しかしまあ、そういうシリーズが時にあってもイイだろうなぁとも思います。
こってりとした靖子にゃんのドラマを見た後だと特に…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2015-03-04 05:31
タイトル : 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの2「ラストニンジャになる!」
手裏剣戦隊ニンニンジャーの第2話を見ました。 忍びの2 ラストニンジャになる! 天晴達の前に亡くなったと思っていた祖父・好天が現れ、5人の中で最も忍術を学び、“忍タリティ”を高めたものに、自らが持つ“ラストニンジャ”の称号を与えると告げる。 五トン忍シュリケンを授けられ、旋風の忍術の授業を受けた天晴達は実技練習を始めるも、上手く使いこなせないでいた。 憧れの“ラストニ...
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2015-03-04 19:29
タイトル : 手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの2 「ラストニンジャになる!」
ござる系のnationwise@gozaru_humanマジレンジャーのOPを思い出すキャラ紹介OP。#ninninger2015/03/01 07:34:24 ござる系のnationwise@gozaru_humanそれだけみんなの表情が硬いww#ninninger2015/03/01 07:34:48 ござ ...