2015年 02月 09日
トカッチら四人を子どもに戻し、一人でキャッスルターミナルに向かうライト。
闇に染まった姿で戦うも、勝利のイマジネーションは見えてこない…。

最終回一つ前ですけども、動きとしては記憶を失ったトカッチ達が再びトッキュウジャーになるコトぐらいで、最終回へ向けての助走という印象を受ける。
ネロ男爵とモルク侯爵もまだ残っているようですし、グリッタ嬢も本当にやられたのかどうか分からないし、ゼットの深い闇の正体もまだ説明されていませんし、最終回で結構詰め込んでいくスタイルなのかなー。片付ける事が多そう。

現時点では後はあいつを倒すだけだー!って感じではないので、そもそも皇帝を倒してめでたしって話にはならないのでしょうね。
闇が何かという解説も明確にはありませんが、その辺が明かされると一気に終結する仕組みになっているのだろうか。

次回は忙しそうだ…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2015-02-09 21:16
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第46駅「最後の行き先」
烈車戦隊トッキュウジャーの第46話を見ました。 第46駅 最後の行き先 勝利のイマジネーションが見えないまま1人でキャッスルターミナルに突入したライトは闇のトッキュウ1号に変身するも、ゼットの闇の前には太刀打ちできず、明により救出されたものの、ライトは大きなダメージを負ってしまう。 「行くなとは言わん。だが今は休め。町や人を助けたいならな」 明はライトと今度こそ必ず2...
Tracked from blog mr at 2015-02-12 08:18
タイトル : トッキュウジャー「最後の行先」
 ライトとゼットの剣の応酬がすげぇ。先に投げたのがライトだっていうのもな。まぁ、黒一号ではあるけども。  勝利のイマジネーションを見失っているライト。「俺には見える」と言うゼット。  明は指切りを覚えていた。 「激しく道連れちゃって」っての好きだなぁ。  なんとなく欠落に気づいている四人。  ライトがいないとミオが真ん中なんだね。  彼らが覚醒して子供たちが叫んだとき、泣きそうになった...