2015年 01月 12日
ドールハウスシャドーさんの術中によって人形の家に閉じ込められてしまったヒカリとカグラ。

閉じ込められたその環境下で、カグラは家族に再開しても自分だと気付いてもらえない夢を思い出す。
かたやヒカリは、子どもの自分では母親を助けられず、早く大人になりたかったと吐露。
もう二度と子どもの姿には戻れないかもしれないという状況に置かれているトッキュウジャーですが、カグラとヒカリで別の認識を持っていたのだと。
家族と二度と暮らせないかもしれないし、家族を守る力を得たとも受け止められる。見方一つでイマジネーションも千差万別。

現実の家に戻れない不安も、子どもで居るのが嫌だというのも、どちらもドールハウスに閉じ込められるという状況に込められているのね。

ドールハウスシャドーさんのやり口に怒り心頭のライトからは僅かな闇が生まれる。
わざわざ処刑時刻を通達したりと、ドールハウスさんは何がしたかったのかと疑問でしたが、どうやらライトを怒らせることが目的だった模様。
今までどんなトラップをかけられても闇を生み出してはいなかったトッキュウジャーだというのに、年が明けたらこんなコトに。

いきなりだなぁと思ってしまったのですが、予告を見る限りでは伏線はかなり前から敷いていたのか…。

今回の巨大戦は趣を変えていたのが見ていて楽しかったです。
いつもミニチュアセットにいるスーツがああいう状態で出て来るのは不思議な画だなぁ。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2015-01-14 10:37
タイトル : トッキュウジャー「開かない扉」
 ドールハウスの窓から見下ろしたら燃えてる薪、ってカットがうまくて怖い。  生還後、カグラとヒカリの連携で入るケリのカットがスカっとしてよい。  そして、屋内で暴れるトッキュウダイオー。すげぇなぁ。これぞイマジネーション。  さて、ライトの体に異変――っていうのは、「宇宙船」で読んでしまっていた。ネタバレとまでは言わないけど、新鮮に驚きたいんだよな…。  オープニングも、歌を覚えたら飛...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2015-01-16 01:57
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー  第43駅 
「開かない扉」  こちらもしばらくレビュー休んでました;。敵さんの基地が「故郷」